読書が大好きな主婦の読書記録です☆
年間100作品読破を目指して日々読書に明け暮れ、本を通して感じた事や感動を忘れたくないので、記録として綴っています(*^。^*)
<< 辻村深月 『噛みあわない会話と、ある過去について』 main 下村敦史 『黙過』 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています



- -
櫛木理宇 『寄居虫女 ヤドカリオンナ』

 

 *あらすじ*

平凡な家庭の主婦・留美子は、ある日玄関先で、事故で亡くした息子と同じ名前の少年と出会い、家に入れてしまう。後日、少年を追って現れたのは、白いワンピースに白塗りの厚化粧を施した異様な女。少年の母だという女は、山口葉月と名乗り、やがて家に「寄生」を始める。浸食され壊れ始める家族の姿に、高校生の次女・美海はおののきつつも、葉月への抵抗を始め…。

 

*感想*

気持ち悪い話でした…(>_<)本当に…櫛木さんもかなりのイヤミスをお書きになられるお方なのですね…

どういう“気持ち悪い”かと言うと、ゾンビ・お化け・血みどろなどの視覚的気持ち悪さではなくて、人間が人の心と判断力を失っていく怖さを、じっくり・べっとり・ねっとりと描く“気持ち悪さ”でした。。。もう気持ち悪いを通り越して「恐怖」でしたよ…

 

物語は、山口葉月という女が、とある家庭を自分の支配下に置き、そして家と家庭を乗っ取るという物語でした。これだけ読むと「そんな簡単に家や家庭を乗っ取ることなんてできるの?」と思うかもしれませんが、本書ではその辺の手法もなかなか具体的に描いていて、かなり説得力のある内容だったと思います。

 

そして本書は構成も良かったです!!

 

1章〜4章で「山口葉月という女に家を乗っ取られ始めている家族の話」(現在)

が具体的に描かれ、

それと同時に各章の幕間に「かつて山口葉月に家を乗っ取られた人の話」(過去)

が綴られるのです。

 

なので、このままいくと“章”の部分で葉月に家を乗っ取られかけている皆川家も破滅に向かうのだろうと推測ができてしまうので、「皆川家の皆さんしっかりして(:_;)!!」とハラハラもして、より楽しめました(気持ちわるいけど)

しかも、物語が後半になっていると、過去の葉月と、現在の葉月に何か違和感を感じるようになり… その理由やトリックもラストでは見事に収束されていて、スッキリと終われました(気持ち悪いけど)

 

でも私が一番戦慄したのは、読み終えて巻末の「引用・参考文献」で『消された一家 北九州・連続監禁殺人事件』という文字を読んだときでした(>_<)

そうだ!そうだ!こういう家族をマインドコントロールして、本書中でもあったように互いを監視させて、殺害させて、そして死体処理までさせていた事件が実際に日本であったんだった!!と思い出しました…

 

本書はその実際の事件を参考にしたフィクションですが、実際にこういう悲惨な事件がいつ自分の身に降りかかるかわからないってことですよね…

怖い…怖い… そして気持ち悪い…

 

間違いなく気持ち悪い作品ですけれど、気持ち悪い=面白い という意味なので、是非読んでみてください♪

 



  ├ 櫛木理宇 -
スポンサーサイト


- -
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>
Category
Profile
Archives
Comment
Search
Mobile
qrcode
Sponsored Links