読書が大好きな主婦の読書記録です☆
年間100作品読破を目指して日々読書に明け暮れ、本を通して感じた事や感動を忘れたくないので、記録として綴っています(*^。^*)
<< 天童荒太 『ペインレス』 main お久しぶりでございます♪ >>
恩田陸 『木漏れ日に泳ぐ魚』

 

 

*あらすじ*

舞台は、アパートの一室。別々の道を歩むことが決まった男女が最後の夜を徹し語り合う。
初夏の風、木々の匂い、大きな柱時計、そしてあの男の後ろ姿-――。
共有した過去の風景に少しずつ違和感が混じり始め、犧埜紊量覘瓩貿嗣な心理戦が繰り広げられる。かつての恋人は、ひょっとして殺人犯なのか?
過去をめぐる物語は次々と意外な事実を明らかにし、朝の光とともに訪れる真実とは――。
互いの腹を探り合うスリリングな興奮と、好きなのに疑ってしまう恋愛の切なさに一気読み必至の、傑作心理サスペンス。

 

*感想*

久々に恩田さんの作品でも読もうかな〜 と思って図書館で本書を手に取りました。なんど恩田作品を読むのは10年ぶり!!しかも王道『夜のピクニック』以来!

本書のタイトルはなんだか不思議なロマンティックさがあるし、裏表紙のあらすじを読むと「傑作心理サスペンス」というとても面白そうな響きの文章もあるしね!

ってことで読んだのですが…

 

残念ながら、これまた私の好みではない作品でしたーー(´;ω;`)ウゥゥ

 

とあるカップルが別れを決めて、最後の夜を2人きりで飲み明かすのですが、昔2人で登った山の山岳ガイドが死亡した理由は、この人が殺害したからなのでは…?とお互いがお互いを疑う物語なのです。そしてその疑いからそれぞれの過去の記憶を引き出してゆき、2人の本当の関係性が分かっていき、そして「恋」だと思っていた心情にも変化が…

という物語だったのですが…

 

度々私がこのブログでも「苦手」だと告げている、「妄想」「推測」で物語が進んでいくスタイルだったので読むのが辛かったのですΣ( ̄ロ ̄lll) とにかく「証拠がない」ので「説得力がない」。そういう物語でした。

カップルのお話なので、恋愛小説として読むならば読めなくもなかったとは思います。例えば物語終盤に綴られる

 

すべてが生の選択肢であるのだとすると、人を好きになるというのはどういうことなのだろうか。単に子孫を残すという欲求のためならば、欲望だけがあれば済むはずなのに。

 

など、一見当然のようだけれど、忘れかけていることを思い出させてくれる素敵な文章もありましたから。。。

 

ちょっと私は「心理サスペンス」を期待しすぎてしまっていたのかも。

没頭できなかったので薄〜い感想文ですみません。こんな感想では興味持てないかもしれませんが、良かったら読んでみてくださいね!

 

 

 



  ├ 恩田陸 -
スポンサーサイト


- -
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< January 2019 >>
Category
Profile
Archives
Comment
Search
Mobile
qrcode
Sponsored Links