読書が大好きな主婦の読書記録です☆
年間100作品読破を目指して日々読書に明け暮れ、本を通して感じた事や感動を忘れたくないので、記録として綴っています(*^。^*)
<< 中山七里 『護られなかった者たちへ』 main 恩田陸 『木漏れ日に泳ぐ魚』 >>
天童荒太 『ペインレス』

 

*あらすじ*

診察したいんです、あなたのセックスを――

若き美貌の麻酔科医・野宮万浬のペインクリニックに現われた貴井森悟は、彼女にとって舌なめずりしたいような実験材料だった。
森悟はビジネスの最前線である中東の紛争地帯で爆弾テロに遭い、痛覚を失って帰国した。万浬のセックスを伴う「診察」が繰り返される中で、森悟は、紛争地帯で遭遇した事件の詳細を語る。万浬は、実は心に痛みを覚えたことのない女性だった。彼女がそうなったのは、トラウマがそうさせたわけではない。どうやらそれはDNAのためであるらしかった。
他人の痛みを知ることによって、自分を知ろうとする万浬の生い立ちとは…

 

*感想*

ちょ、ちょ、ちょ、ちょ、ちょっと最初に弁解させてくださいねっ!

私は本書がこんなにもセックスが絡む物語とは知らないで読んだんですよー!なのであらすじ冒頭の『診察したいんです、あなたのセックスを―』なんて文言も知らずに本書を手に取ったんです(;’’)

本書は間違いなく18禁の物語だったと思います。あ〜〜〜私の大好きだった『家族狩り』『永遠の仔』の天童荒太はどこへ行ってしまったのぉーー(´;ω;`)ウゥゥ 2009年に読んだ『悼む人』も随分とスピリチュアルな世界になってしまって、「天童荒太はとうとう悟りを開いたか」と思っていたけれど、本書はその追い打ちをかけるような「精神的・肉体的痛みの有り方における人類の進化と将来像について」みたいなペイン外来の医者の論文になっちゃいそうな内容で、そんなの私は文芸書に求めていなーい!という内容でした(:_;)

 

と、随分感情的に感想を書きなぐってしまいましたが、ちょっと落ち着いて概要と感想を書きますね

 

本書の主人公は、若き美貌の医師・野宮万浬。万浬は肉体的な痛みは感じるが、精神的な痛みを感じずに生きてきたため、他人の「痛み」というものにとても興味があった。そんな折に恩師を通して紹介されたのが、事故で無痛病となった男性・森悟だった。万浬は医師として、女として森悟の痛みを知っていこうとするが…

という内容でした。

それでですね、ただ単純に痛みを知ろうとするには、尖ったもので肉体を突けば済む話なのですが、万浬はそれだけではなく、セックスを通しての肉体的と精神的の痛みと快感を探っていこうとするのです。しかも自分にとって有益な情報や人脈を確保するためにも、どんな男とも寝るから、まーエロシーンが多いこと多いこと(;’’) そんな最中にもホルモンの話や理論的な話が入ってくるので、だたの官能小説ではないことはわかりますよ…

例えば

『わたしが欲しい、という欲望は…女を自分のモノにするという、所有欲や征服欲と結びついた精神的な悦び…あるいは、他者の性器内に射精するという、肉体的かつ本能的な達成感や解放感を求める想いから、発しているのでしょうか』

とかね。

でも結局そういう理論や屁理屈を捏ね繰り回しては性的シーンが何度も出てくることに、私は正直嫌悪感を抱いてしまいました。だって、ヤってもヤっても結局万浬の真意や心に痛みを感じない由来とか、未来が見えてこないのだものっ!!

 

凄い本だったとは思います。痛みがどれだけ生命の危機から人体を守ってきたのか、痛みを通して他者と共感したり、ときにはお笑いとしてのツールになるのか、たくさんの事を学べたと思います。

でも万浬の美貌と身体を武器にして男たちから色々なものを引き出すところ、森悟が外国で幼女を抱くところ、そして他人の心をめちゃくちゃに壊し精神科送りにさせる万浬のやり口、許せないことが多すぎました。

身体と心と性をこんなに切り離して考えて良いものだとは私は思えない。

 

ちょっと厳しい書き方になってしまいましたが、どうやら天童荒太ワールドは私には理解できない境地に入ってしまったようです…

本書をもって天童作品は卒業しようと心に決めました。

天童さん、天童ファンの方、すみません。でもこれは個人の趣味嗜好の問題なので、こういう世界観がお好きな方は私の意見など気にせずに読んで、読書を楽しんでくださいね!

 

 

 



  ├ 天童荒太 -
スポンサーサイト


- -
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< January 2019 >>
Category
Profile
Archives
Comment
Search
Mobile
qrcode
Sponsored Links