読書が大好きな主婦の読書記録です☆
年間100作品読破を目指して日々読書に明け暮れ、本を通して感じた事や感動を忘れたくないので、記録として綴っています(*^。^*)
<< 村山由佳 『風は西から』 main 中山七里 『護られなかった者たちへ』 >>
深木章子 『消えた断章』

*あらすじ*

君原樹来は推理作家を目指す法学部の四年生。あるとき、同じ大学に通う妹・麻亜知の友人、葛木夕夏があるトラブルを抱えているといい、元C県警捜査一課の刑事であった樹来の祖父に相談しに行くことに。夕夏は十年前、実の叔父に誘拐されたことがあった。ただ、記憶を失った時間があっただけで被害はなく、当時は身内のトラブルと片づけられたのだが、最近になって警視庁が再捜査に乗り出しているという。同じ十年前、同じく誘拐された男児の白骨遺体が最近発見されたことが関係しているようだ。当の叔父は行方不明になり、裕福な創業者一家だった葛木家は、その後みるみるうちに崩壊していったのだが―

 

*感想*

深木さんにしては珍しい(?)本格ミステリー作品でした。

 

うーん… 私はあまり本格ミステリーが好みではないので(犯人捕獲へのヒントが著者の采配で小出しにされるのが苦手)本書もそんなに楽しめなかったのが正直なところで…(^^;)

でも、ミステリー好きには良い作品だと思います!

 

本書の良いところ!それはまず登場人物達のお名前かも

主人公の男の子は君原樹来(きみはらじゅらい)、その妹は麻亜知(まあち)という名前で、誕生月のJulyMarchからきているそうです。なんとまぁ凄いキラキラネーム(笑)!

本格ミステリーというと堅苦しイメージが私にはあるので、このキラキラネーム登場に和みました♪(高齢層には不評かな?w

 

そして内容はというと、記憶を断片的に失くした少女(麻亜知の友人=夕夏)が、約10年前に起きて最近白骨遺体で見つかった少年の事件を「自分が殺したのかもしれない」と告げ、記憶がない彼女はその記憶がない間何をしてしまったのか… そして少年の遺体の事件とどう交わるのか… 

という物語でした。

 

崩壊した夕夏の家族と、白骨遺体の少年の両親も失踪。一体この2家族に何があったのか?が事件の全貌を暴く鍵のなるのですが、その推理の途中に何度も出てくるのが、夕夏の叔父である弘幸叔父さんが「女性にモテるタイプだった」というところから、夕夏の母親とじつはデキてたとか、白骨遺体の少年の母親とも男女の仲だったのではとか、下衆の痴情のもつれ論が何度も登場するのにはガッカリしてしまいました…

 

 

で、結局結論はですね

↓ネタバレ注意↓

↓ネタバレ注意↓

 

葛木夫婦と小野原夫婦は、偽装誘拐の共謀者だった。

葛木夫婦は弘幸叔父を殺害してしまった隠蔽、小野原夫婦は金銭的窮地で大金を親からせしめるため交換誘拐を企てたのだが、小野原迪くんを葛木家が誘拐した時に思わぬ事態(小野原両親が警察に通報)されたことにより、葛木夫婦は迪くんを本当に殺害せざる負えなくなり、その後小野原夫婦も殺害(小野原父と息子は山に埋めて、妻は葛木美希の身代わりとして顔を潰し池で自殺したとみせかけた)。

そして今回、迪くんの遺体発見を機に、葛木夕夏の誘拐事件の真犯人が小野原晃司だったということが警察にバレないように、葛木一家が色々工作した事件だった。

 

ということでした。ほんとざっくりの説明ですみません

 

大切な人を守るためとはいえ、10年も罪と秘密を背負っていきている夕夏は辛かったのではないかと思いました。あぁでもこういうミステリーには感情は不要なのかな?終わり方も思ったよりもさっぱりでしたしね。

 

深木さんもこういう作品書くのね〜 と新発見の作品でした!

 



  ├ 深木章子 -
スポンサーサイト


- -
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< January 2019 >>
Category
Profile
Archives
Comment
Search
Mobile
qrcode
Sponsored Links