読書が大好きな主婦の読書記録です☆
年間100作品読破を目指して日々読書に明け暮れ、本を通して感じた事や感動を忘れたくないので、記録として綴っています(*^。^*)
<< 薬丸岳 『刑事の怒り』 main 深木章子 『消えた断章』 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています



- -
村山由佳 『風は西から』

 

 

*あらすじ*

過労自死———。決して、彼が弱かったのではない。では、なぜ、彼は死ななければならなかったのか?
答えを探して、大企業を相手にした戦いが始まる。
小さな人間が秘めている強さを描く、直木賞作家のノンストップ・エンターテインメント!

大手居酒屋チェーン「山背」に就職し、繁盛店の店長となり、張り切って働いていた健介が、突然自ら命を絶ってしまった。大手食品メーカー「銀のさじ」に務める恋人の千秋は、自分を責めた――なぜ、彼の辛さを分かってあげられなかったのか。悲しみにくれながらも、健介の自殺は「労災」ではないのか、その真相を突き止めることが健介のために、自分ができることではないか、と千秋は気づく。そして、やはり、息子の死の真相を知りたいと願う健介の両親と共に、大企業を相手に戦うことを誓う。小さな人間が秘めている「強さ」を描く、社会派エンターテインメント。

 

*感想*

好きな作家さんの一人である村山由佳さんの最新作ということで、事前情報なく読み始めたら、あれよあれよという間に主人公の恋人(健介)が仕事で追い込まれ、そして自ら命を絶ってしまい、「うぇぇぇぇぇぇぇぇぇΣ( ̄ロ ̄lll)!!!」と叫んでしまいました(>_<)

 

同時に、健介が職場で追い込まれていく経緯にずーっと既視感があった理由もその時にわかりました。

これは2008年に起きた、「和民」の過労自殺がモチーフだったようです。

もちろん「この作品はフィクションです」の文言が巻末に記されていますが、健介が休日返上で働かされて追い込まれていくエピソードは「和民」の事件の時に明らかになった実態そのままの所が多かったです。

 

*参考に和民の過労自死の時に明らかになった、当時の和民の労働環境はこちら↓

1)研修会への強制的な参加や課題リポート作成のための時間を、労働時間と認めなかった。

2)研修等に必要な渡邉美樹氏の書籍代金を、給料から天引きしていた。

3)研修では、渡邉美樹氏の理念集を丸暗記させ、満点を取るまでテストが繰り返された。

4)休日に、ボランティア名目で研修を行っていた。当然、その研修には、賃金が支払われていなかった。

5)法定の休憩時間を与えていなかった。

など。

 

その後、どうやってご遺族と和民が和解にまで至ったのかの経緯はわからないのですが、本書では健介の死後、勤務していた会社「山背」の不誠実な対応が続き、それは本当に許せないもので、腹立たしく読みました(-_-) 

 

過労自死や、いじめによる自死が起きると、「死ぬ前に会社や学校を辞めればよかったのに」と簡単に口にする人がいますが、そういう判断すら正常にできなくなることが、過労でありいじめなのですよね。本書ではその辺りの「追い込まれざる負えない状況」が前半で書かれていたため、人の弱さと、企業の狡さ、そして遺族の強さを熱く感じられる良い小説でした。

 

特に印象的だったのが、

P87. 健介が異動になった店舗で、店長の大嶋が辞めていった人を熾烈なまでの人格否定をすることに「何も店長が率先して彼らを煽らなくても(悪口を言うように煽らなくても)」と健介が進言したら

「ばか、必要だからやってんだよ。辞めてったやつのことを、今いるやつらに羨ましいとか賢いとか思わせたら終わりなんだ。みんな後に続いて辞めちゃって、使えるやつがいなくなっちまう。だからこそまだ残っているやつの頭に『辞めることは無責任で傍迷惑で最低最悪の選択なんだ』ってとことん刷り込んでおかなきゃならないのさ」

 

の返しですよーー!

こ、こ、怖い(>_<)

こうやって、人は追い込まれていくのですね…。

 

「山背」を相手に戦う、健介の恋人の千秋さん、かっこ良かったな〜〜

山背から、千秋の会社「銀のさじ」に圧力をかけられた時にも屈しなかったあの姿勢、自分の仕事と生き方に誇りをもっているのが、とてもよく伝わってきました。

ちょっと言葉にするのは難しいのだけれど、会社に潰されるまで働いた健介、会社に圧力をかけられても働き続けた千秋。この二人の生き方から、会社で働くことの意味や、会社との付き合い方を考えさせられました。仕事に責任を持つことはとっても大切なことだけれど、それが「生きることの尊厳」を害していないかを見直させてくれる作品だったと思います。

健介の恋人をフルタイムで働く女性という設定にした村山さん、さすがですね。これが無職の女性、もしくは恋人がいない設定だったら、これはただの「山背批判小説」で終わっていたと思います。そうではなく、働くことの良さも千秋を通して描いていた素晴らしい設定でした。

 

今から社会に出る方は読んでおくと仕事への向き合い方の勉強になる作品だと思いますよ〜〜♪

もちろんもう社会でバリバリ働いている方も楽しめるので是非読んでみてくださいね〜〜♪

 



  ├ 村山由佳 -
スポンサーサイト


- -
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>
Category
Profile
Archives
Comment
Search
Mobile
qrcode
Sponsored Links