読書が大好きな主婦の読書記録です☆
年間100作品読破を目指して日々読書に明け暮れ、本を通して感じた事や感動を忘れたくないので、記録として綴っています(*^。^*)
<< 近藤史恵 『わたしの本の空白は』 main 薬丸岳 『刑事の怒り』 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています



- -
近藤史恵 『インフルエンス』

*あらすじ*

大阪郊外の巨大団地で育った小学生の友梨(ゆり)はある時、かつての親友・里子(さとこ)が無邪気に語っていた言葉の意味に気付き、衝撃を受ける。胸に重いものを抱えたまま中学生になった友梨。憧れの存在だった真帆(まほ)と友達になれて喜んだのも束の間、暴漢に襲われそうになった真帆を助けようとして男をナイフで刺してしまう。だが、翌日、警察に逮捕されたのは何故か里子だった――
幼い頃のわずかな違和感が、次第に人生を侵食し、かたちを決めていく。深い孤独に陥らざるをえなかった女性が、二十年後に決断したこととは何だったのか?

 

 

*感想*

同じ団地で育ったという運命から、お互いを守りあう為に犯罪に手を染めてゆく女性3人の物語でした。

 

物語の序盤は、自宅が近いという理由だけで友達関係になれた小学生時代、そして見た目の垢抜け度や性格の派手さでグループ分けがされてゆく中学生時代という、残酷でリアルないわゆる「スクールカースト」も上手く盛り込まれていてグイグイ話に引き込まれました。

 

そのスクールカーストで考えれば、友人関係になることのなかったであろう友梨と里子なのに、14歳の時に友梨は親友の真帆を痴漢から守るために殺人を犯し友梨は逃亡、しかし警察に逮捕されたのは、その場にいなかった里子だったというところから、3人の切れない運命の糸が絡まり始め、胸を苦しめながら読み進めました。

 

特に30歳を越えてからの、友梨が真帆を助けるために行う殺人は、中高生時代の殺人とは違い、その罪の大きさや、その後の影響とかもわかっているだろうに決断するしかなくて、「借りはつくるものではないな…」とか「タダより高いものはない…」などと思いながら読みました。

こういう「逃れられない運命」、もしくはタイトルの和訳を使用するならば「影響。感化。勢力。威信」という物語だからこそ、もっともっと深い心情描写を読みたかったな〜〜(>_<) 262ページでは少なすぎてちょっと勿体無かったです。もっとそれぞれが殺人という切り札を使うしかなかった苦悩を読ませて欲しかったな。

 

何にしても、やはり近藤史恵さんの作品は面白い!ちょっと終盤物語がドライに感じた箇所もあったけれど(友梨と夏目の関係があっさり終わるところ)、文章が簡潔で美しいのでサラサラと読んでしまいました!

登場人物たちのドロドロ濃い運命を描いた長編群像劇を読むには時間が足りない方には、丁度良い長さと濃さの物語だと思うので、是非読んでみてくださいね〜〜♪

 



  ├ 近藤史恵 -
スポンサーサイト


- -
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>
Category
Profile
Archives
Comment
Search
Mobile
qrcode
Sponsored Links