読書が大好きな主婦の読書記録です☆
年間100作品読破を目指して日々読書に明け暮れ、本を通して感じた事や感動を忘れたくないので、記録として綴っています(*^。^*)
<< 辻村深月 『かがみの孤城』 main 湊かなえ 『未来』 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています



- -
久坂部羊 『祝葬』

*あらすじ*

「もし、君が僕の葬式に来てくれるようなことになったら、そのときは僕を祝福してくれ」自分の死を暗示するような謎の言葉を遺し、37歳の若さで死んだ医師・土岐佑介。代々信州を地盤とする医師家系に生まれた佑介は、生前に不思議なことを語っていた。医師である自分たち一族には「早死にの呪い」がかけられているという―。簡単に死ねなくなる時代につきつけられる、私たちの物語。

 

*感想*

現役医師作家である著者:久坂部さんは近年、終末医療についての問題提起が多く(昨年読んだ『いつか、あなたも』『老乱』など)、本書もまた最期の迎え方について考えさせられる作品でした。

 

本書は5編からなる連作短編集で、主人公というか、軸となる登場人物は、信州で病院を経営する短命医師家系(土岐ファミリー)でした。

各話で、曾祖父から曾孫まで、どういう医療方針のもと医師として働き、どういうプライベートを過ごし、そして最期を迎えたのかが綴られていくのですが、時代の違いと個人の見解の相違から、それぞれ人物たちに濃厚な物語があり、とても面白かったです!!

 

私が一番ドキドキしながら読んだのは、2話目の『真令子』でした。この話は、今までの久坂部さんからは想像できないほどの「愛憎劇」で、久坂部さんの作家としての実力に驚ろかされました!

簡単にあらすじを紹介しますと、土岐伊織と妻の真令子、伊織の従姉(芳美)の三角関係がベースで、そこから真令子と伊織がそれぞれ不貞をはたらく… という物語でした。

このあらすじだけ読むと、全く医療が関係ないですね(笑)

しかし、その愛憎劇から伊織の真っ直ぐ(愚直)な考え方が読み取れ、しかも患者に対しても真っ直ぐ向き合おうとしてしまったばっかりに不幸を招いたりと物語が繋がるので、是非是非読んでみてください。

とにかく、医療が絡んでいない場面での心情描写も秀逸なので読み応えありますよ!

 

そして一通り土岐ファミリーの短命の運命について綴られたのち、最終章の舞台はかなり先の未来へと移ります。

それは現代以上に「死ねない世界」になっていて、ここでまたも「終末医療」について深く深く考えさせられました。

医療のおかげで、早すぎる死を免れた人がいるのは間違いない。しかし忌まわしい長寿を作り出しているのも事実なのでしょう。

では人は一体何歳で死ぬべきなのだろうか。

自身が望む最期を迎えるにはどうしたら良いのか…

 

人の一生の最期については、哲学的、倫理的、感情的に色々複雑な意見があるでしょう。でも本書を読むと、自分がどういう最期を迎えたいのかなんとなく見えてくると思います。

 

少子高齢化社会と、自分の老後に医療を選択するためにも、本書は読んでおくと良いと思います!

もし最期について興味なくても、愛憎劇がチラホラ絡んでくるので、昼トラ的内容としても楽しめるとも思いますので、是非読んでみてくださいね〜〜♪

 

 



  ├ 久坂部羊 -
スポンサーサイト


- -
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>
Category
Profile
Archives
Comment
Search
Mobile
qrcode
Sponsored Links