読書が大好きな主婦の読書記録です☆
年間100作品読破を目指して日々読書に明け暮れ、本を通して感じた事や感動を忘れたくないので、記録として綴っています(*^。^*)
<< 真梨幸子 『お引っ越し』 main 雫井脩介 『望み』 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています



- -
葉真中顕 『政治的に正しい警察小説』

 

*あらすじ*

“ポリティカル・コレクトネス”をコンセプトにした警察小説の依頼を受けた、新人作家・ハマナコがたどり着く境地とは……!? 表題作「政治的に正しい警察小説」ほか、偶然通りかかったカレーショップで、生き別れた母の思い出の味に再会した大学生の僕とその“隠し味”をめぐる「カレーの女神様」、25歳の若さで亡くなった“史上最強の棋士”紅藤清司郎の没後20年にあたり、彼の軌跡を取材したライターがたどりつく真相を描く「神を殺した男」など。驚愕と感嘆にあふれた全6編を収録。『ロスト・ケア』『絶叫』など社会派ミステリーの新鋭が放つ、ブラックユーモアミステリー集が文庫オリジナルで登場。

 

*感想*

『ロスト・ケア』『絶叫』『コクーン』など、読み応えのある長編社会派ミステリーを生み出してきた著者、葉真中さんが短編を書くと、こういう作品集になるのねぴかぴかぴかぴかラブ

と、葉真中さんの才能に心酔しながら楽しめた、傑作短編集でしたるんるん

 

本書には6編掲載されていて、全話一筋縄ではいかない叙述トリックや、オチがある話でした。

まず1話目の『秘密の海』では、親に虐待されて育った男女が、夫婦になってからのお話が綴られます。親に虐待された挙句、捨てられた男性がのちに、母親の愛を知ることになる展開に涙が止まりませんでしたポロリ その愛を読者に読ませる構成とトリックが本当に上手だったんですよ!!!! これはきっと誰もが「葉真中さんって本当に凄い作家さんなんだな」と思うはずです!!これこそ活字で勝負している小説の醍醐味だと感じる作品で良かったですぴかぴかぴかぴか

 

その後の作品も、ちょっとお涙頂戴の感動話から一気にどんでん返しありの180度急展開ものや(カレーの女神様、リビング・ウィル)、将棋界の神と崇められていた棋神を殺害した真の理由を突き止める正統派ミステリーもの(神を殺した男)など、バラエティーに富んでいて楽しめましたラブ

 

ただ、私は表題作の『政治的に正しい警察小説』は苦手だったかな…がく〜 主人公の相手役となる編集者の女性がエキセントリックで、よくわからない理屈を捏ね回し、会話口調も狂っていて読み難く、途中で疲れてしまいました。。。 表題作になる程だから、読みこめば面白い作品なのかもしれませんが、ちょっとギブアップです…撃沈

 

傑作を生みだす作家さんというのは、長編でも短編でも良いものを書けるものなのですねぴかぴか

葉真中さんが好きな方は是非読んでみてくださいね〜♪葉真中さんを知らないかたも、是非本書を読んで、そしてその次には是非長編も読んでみてください!葉真中さんの作品は絶対に面白いですからラブラブ桜

 

 

 

 



  ├ 葉真中顕 -
スポンサーサイト


- -
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>
Category
Profile
Archives
Comment
Search
Mobile
qrcode
Sponsored Links