SexyZoneの中島健人くんと読書が大好きな主婦の読書記録です☆
年間100作品読破を目指して日々読書に明け暮れ、本を通して感じた事や感動を忘れたくないので、記録として綴っています(*^。^*)
<< 久坂部羊 『芥川症』 main 真梨幸子 『お引っ越し』 >>
坂元裕二 『往復書簡 初恋と不倫』

 

*あらすじ*

中学生時代の初恋の相手と、数年の時を経て再開した男女の往復書簡。

配偶者同士が不倫の末に失踪してしまった男女の往復書簡。

2人の登場人物の会話(メールのやり取り)だけで進められる会話劇という新スタイル本

 

*感想*

テレビのブックコーナーで本書を知り、興味が沸いたので読んでみたのですが…

まず、この著者の坂本裕二さんって、あの『東京ラブストーリー』や『二十歳の約束』や『最高の離婚』や『カルテット』などなどの名作ドラマの脚本家さんだったのですねっ!!!!

著者情報を全く知らずに読んでいました汗 なんだかスミマセンって気持ちですたらーっ

しかし、そういう前情報なしに読んだからこそ、本書への先入観や期待感なく、真っ新な心で読めて良かったかもラッキー

 

で、読んだ感想はというと…

ただの往復書簡を、ここまで魅力的にウィットに富んだ文章で描けるのは、この著者しかいないのではないだろうか 新しい世界を見せてもらえて面白かったですぴかぴかるんるん

人は言葉選びにもセンスや価値観というものがあるかと思うのですが、坂元さんのそれはまさに異次元だったと思います。それもかなり簡潔に綴れるという才能も持ち合わせていて、「言葉の魔術師」という言葉は、本当に坂元さんのためにある言葉なんだなとヒシヒシと感じさせる言葉たちでした桜

 

特に私が一番気に入った一文が、元気のない彼女に送ったこのメール

『出したくない元気は出さなくていいと思いますよ。人生は竹内まりやさんが思うよりは悪いものです』

というものです(笑)

この面白さが、竹内まりやさんの『元気をだして』という曲を知らない方には伝わらないのが残念すぎる程に、ナイスなメールだと思うのですが、皆さんにこの面白さ伝わっているかな!?イヒヒ

本書には、さらにボケていたり、シュールなやりとりが繰り広げられる往復書簡なので是非読んでみて下さいムード

 

だだですね、2編を通して、ずーっと同じテイストで書簡がやりとりされるので(中学生時代という若かりし頃も同じ文体)、飽きを感じたり、非現実感だったりを抱くのは否めませんがく〜 ロマンティックさやドラマティックさにも欠けるので、普通の小説とは全くの別物と思って本書を読むことをお勧めしますかわいい

 

 

 



★さ行 - その他の作家 -
スポンサーサイト


- -
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>
Category
Profile
Archives
Comment
Search
Mobile
qrcode
Sponsored Links