読書が大好きな主婦の読書記録です☆
年間100作品読破を目指して日々読書に明け暮れ、本を通して感じた事や感動を忘れたくないので、記録として綴っています(*^。^*)
<< 貫井徳郎 『空白の叫び』 main 貫井徳郎 『誘拐症候群』 >>
貫井徳郎 『プリズム』
プリズム

★★☆☆☆
*あらすじ*
ある小学校の若い女性教諭が死んだ。頭部を強打された痕と、体内に残る睡眠薬。 彼女を取り巻く人々が真相を暴くべく探索に乗り出し、推理をしてゆく。

*感想*
これは”推理小説マニアの為の本”だと思いました。ちなみに私は推理小説マニアではありません・・・ので正直読んでいて辛かった・・・。
私は『最後のドンデン返し』系ストーリーが好きなので、この手の本はイマイチでした・・・(『この手』の説明はネタバレコーナーで)

章によって主人公が違うため、いろいろな視点から1つの話と人間像を見ることができるのは良かったです。
例えば亡くなった女性教諭は、生徒から見れば『生徒と同じ目線で物事を見れる良い先生』 なのに、同年代の人から見れば『無邪気に人を傷つける人』という存在になる。 などなど。

ここからネタバレになります。(この作品を読もうと考えている方は読まない方が良いでしょう。読んで下さる方は下記をハイライトして反転させてください☆)
ずばりネタバレですけれど、本書のスタイルである『複数の人々が独自の推理を語り、最終結論は読者まかせ』というのは、私のなかでは納得がいきません。
常に自分の推理と照らし合わせて読書を楽しむような方には、大変面白い構成だし、まれに発生するストーリー内の矛盾に目くじらを立てる事もしなくて良いのでとても楽しめるのでしょうが、私は 「最後の最後にこうきたかぁ〜〜!! くぅ〜〜著者にまんまとはめられたぜぃ!」と思える話と結末が好きなので、こういう著者から「お好きなように解釈してね♪」みたいに話を終わらせられると読後がモヤモヤして仕方がないです。
ちなみに私が思う今回の犯人は・・・
ズバリ!!
 『ただの強盗』 もしくは 『偶然落ちてきた時計が頭に直撃したただの事故』
登場人物の皆が独自の推理を展開しているのだから、その彼らが犯人ではないと単純に考えただけです。
つまらない回答でスミマセン・・・
それにしても、本編で 「チョコレートに睡眠薬を仕込む事が可能だった人間」 「死亡推定時刻直前に彼女と会っていた人間」 「凶器となった時計が頭に当った事が事故の可能性」・・・という同じ事ばかりをグルグル考えてばかりで、かなり疲れたわぁ。。。
この種のミステリ作品の元祖と呼ばれるのはバークリー『毒入りチョコレート事件』との事ですが、多分私は一生読まないことでしょう


以上。 ネタバレ終わり


  ├ 貫井徳郎 -
スポンサーサイト


- -
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
Category
Profile
Archives
Comment
Search
Mobile
qrcode
Sponsored Links