読書が大好きな主婦の読書記録です☆
年間100作品読破を目指して日々読書に明け暮れ、本を通して感じた事や感動を忘れたくないので、記録として綴っています(*^。^*)
<< 有川浩 『倒れるときは前のめり』 main 柚木裕子 『あしたの君へ』 >>
住野よる 『また、同じ夢を見ていた』

 

 

*あらすじ*

友達のいない少女、リストカットを繰り返す女子高生、アバズレと罵られる女、一人静かに余生を送る老婆。

彼女たちの“幸せ”は、どこにあるのか。「やり直したい」ことがある、“今”がうまくいかない全ての人たちに送る物語。

 

*感想*

頭が良く自分の思考に自信を持っている少女が「幸せ」とは何かを探す物語でした。

 

賢い少女の口調が独特で可愛げがないのでたらーっ(笑)読んでいて少々苛立ちもしたのですが、物語の終着点は良かったです桜

 

人生とは、プリンの様に甘いところと苦いところがあるもの。

人生とは、オセロの様に黒と白があり―でもその黒は1枚の白によって全て裏返ることだってある。

 

などなどの印象的な言葉を織り交ぜながら、読者に「幸せとは」「人生とは」をじっくり考えさせてくれる良い作品でしたぴかぴかまたそれを、他者の弱さや気持ちを考えられず孤立している小学生を主人公にしているのが良かったですね。そんな少女を良い方へ導くべく、年上の登場人物たちがかける言葉は、アラフォーの私の胸にも沁みました。

「誰も魔法みたいに人の心を分かるなんて出来ない。だから人には考えるっていう力がある。だったら考えてあげるんだ。その子が何を考えているのか、そうして、少しずつ知ってあげればいい。」

この考え方、大人(嫌な人とは付き合わなく済む環境)になってから忘れつつあったなと思って…反省…がく〜

 

分かり難い様で、分かり易い、でもやっぱり分かり難い(というか面倒くさい?たらーっ)物語なので、ちょっと読み手の根性を試される小説かもしれないのですが、著者からの「人生を前向きに楽しんでほしい」「人生はやり直せるから」というメッセージはとても伝わっくてるので、是非とも「幸せ」と「人生」について悩んでいる人がいたら、読んでみてほしい小説だと思いますパンチ

 

 

 

 

 



  ├ 住野よる -
スポンサーサイト


- -
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< January 2020 >>
Category
Profile
Archives
Comment
Search
Mobile
qrcode
Sponsored Links