読書が大好きな主婦の読書記録です☆
年間100作品読破を目指して日々読書に明け暮れ、本を通して感じた事や感動を忘れたくないので、記録として綴っています(*^。^*)
<< 椰月美智子 『明日の食卓』 main 住野よる 『また、同じ夢を見ていた』 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています



- -
有川浩 『倒れるときは前のめり』

 

*あらすじ*

『図書館戦争』『レインツリーの国』『植物図鑑』ほか映像化続々の人気作家・初のエッセイ集!

日々の生きるつれづれ、創作の裏側、大好きな本や映画、敬愛する人びと、ふるさと高知のことなど、デビュー書籍刊行前から現在までに綴った90本超に、それぞれ振り返りのコメントを書き下ろし。

現在入手困難な「ほっと文庫」に収録された短編『ゆず、香る』と、片想いがテーマの恋愛掌編『彼の本棚』の、小説2編も特別収録。

 

*感想*

エッセイ集というジャンル本なのですが、ゲラゲラ笑って読み進めるような軽いタッチの話よりも、東日本大震災、出版業界の厳しい現実、聾者への理解、そして読者から著者への非難の声などの重い話の方に比重がある本だったので、「有川浩大好きラブもっと彼女のことを知りたいラブラブ」と強く思っている方でないと楽しめない本かなと思いましたイヒヒ

 

私はというと、有川さんのデビュー作から3作続けて発表された、自衛隊3部作は嗜好に合わなかったものの、それ以後の図書館戦争シリーズからは、どっぷりと有川ファンでありますので、このエッセイ集も面白く拝読させて頂きましたよぴかぴかぴかぴか有川さんのことをほんの一部分ではあるでしょうが、知ることができて嬉しかったですラッキー

 

【この本を読んで驚いた事】

有川さんの自己評価について驚きました。

以下『「嫌い」と公言 慎みたい』 より抜粋

 

ネット上でプロフィールなどに「好きな作家…有川浩」と書いて下さっている方を見かけると、「バカにされてしまうかもしれませんよ、大丈夫ですか」「進学や就職の面接では言わないほうがいいですよ」と勝手にそわそわしてしまうのだが―

 

とご謙遜されているのですよ汗ええー!?世間はそうやって有川さんを見ているの??と驚き、更にそれを著者自らの言葉で知るとは…と2倍の驚きでしたひやひや私はそういう風に有川作品を思っていないし、私は胸を張って言いますよ!「有川浩の本が大好きだ!!」と!

 

【読んでいて一番興味深かった事】

それはもちろん『この本、大好き!』の章でしたラブ好きな人がどんな本を読んでいるのかって気になりますよね。ので有川さんの好きな本、気になる作家、影響を受けた作家などを知れて嬉しかったですモグモグ有川さんが読後「完敗だ、ちくしょう!」と思ったという冲方丁さんの『天地明察』は、歴史ものということで敬遠していた私ですが、有川さんを感服させた作品ということで一気に興味が沸きました!近日読んでみようと思います。あとジャニーズの加藤シゲアキくんのことを本物の作家として触れていたり、ジャニーズファンとしても嬉しい話が読めました。

 

細かく感想を述べるときりがないのでこの辺までにしますが、他にも好きな映画や交友関係、そして地元・高知についても書かれていますので、有川さんがお好きな方は是非読んでみてくださいねわーいぴかぴかぴかぴか

 



  ├ 有川浩 -
スポンサーサイト


- -
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>
Category
Profile
Archives
Comment
Search
Mobile
qrcode
Sponsored Links