読書が大好きな主婦の読書記録です☆
年間100作品読破を目指して日々読書に明け暮れ、本を通して感じた事や感動を忘れたくないので、記録として綴っています(*^。^*)
<< 村田沙耶香 『授乳』 main 村田沙耶香 『殺人出産』 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています



- -
百田尚樹 『カエルの楽園』


*あらすじ*
安住の地を求めて旅に出たアマガエルのソクラテスとロベルトは、平和で豊かな国「ナパージュ」にたどり着く。そこでは心優しいツチガエルたちが、奇妙な戒律を守り穏やかに暮らしていた。ある事件が起こるまでは―。平和とは何か。愚かなのは誰か。大衆社会の本質を衝いた、寓話的「警世の書」。

*感想*
凄い本でした…びっくり 
帯や書評で、ただの寓話やフィクションではない本だろうと思っていたのですが、想像していた以上に、私達日本国民が真剣に向き合って考えていかなければいけない憲法9条と外交問題をガッツリと題材に取り上げていて、“心優しいツチガエル”すぎた今までの自分を猛省した、政治色100%本でした。

物語は、平和で豊かな国『ナパージュ』で唱えられている“三戒”を貫くことによって、永久の平和と安全が保たれるのか!? というのがメインテーマになっています。その三戒とは日本の憲法第9条『戦争を放棄します』『戦力を持ちません』『国の交戦権を否定します』)に匹敵するものと思われます。その三戒だけでなくナパージュの南方の土地には、スチームボートというアメリカ基地軍を彷彿とさせる巨大なワシがナパージュを監視していたり、全ての設定が現実でした。

物語の中盤からは、三戒を撤廃(改正)するかどうがの議論が繰り広げられ、まさしく今の日本のことで、それから後の物語はフィクションにすぎないのですが、でも『今日本が変わらなかったらどうなってしまうのか?』という未来図の可能性の1つを描いてくれていて、ナパージュのカエルたちと同じ選択を今の日本がしたからって、同じ結末になるとは限らないけれど、でもそいうい可能性もあると警告している衝撃作でした。

これは予言本ではないから、同じ末路を辿るわけではないということを念頭に、本書は多くの人に読まれるべきだと思います。
同意結構!!反論結構!!とにかく政治や法律については、無知で無関心が一番の罪だから。

政治経済と法律に疎い私なりに理解した本書登場人物の現実名はこちら

◆ナパージュ:日本(NAPAJ←逆から読んでね)
◆ツチガエル:日本人
◆ナパージュの王:天皇
◆三戒:憲法第9条
◆スチームボート:アメリカ軍(基地)
◆ウシガエル:日本を狙う諸外国 中国?
◆デイブレイク:朝日新聞(daybreak→夜明け→朝日)
◆ハンニバル三兄弟:自衛隊(陸海空)
◆プロメテウス:自民党
◆ガルディアン:民主党
◆ハンドレッド:百田尚樹?
◆フラワーズ:SEALDs

この他にも『謝りソング』『シャープパイプ』『プランタン』など、確実に実在する何かを描いていると思われる人物や事柄があるのですが、私の頭脳では何を指しているのかわかりませんでした… 
まだまだ勉強が必要ですね(反省)

活字界では有名な本書だけれど、活字に興味がない人々にも本書を知ってもらいたいです。
そして一緒に日本の未来を考えていかないといけないですね。


  ├ 百田尚樹 -
スポンサーサイト


- -
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>
Category
Profile
Archives
Comment
Search
Mobile
qrcode
Sponsored Links