読書が大好きな主婦の読書記録です☆
年間100作品読破を目指して日々読書に明け暮れ、本を通して感じた事や感動を忘れたくないので、記録として綴っています(*^。^*)
<< 中山七里 『闘う君の唄を』 main 池井戸潤 『銀翼のイカロス』 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています



- -
本多孝好 『君の隣に』


*あらすじ*
それは愛する人からかけられた冷たい「魔法」――

横浜・伊勢佐木町で風俗店『ピーチドロップス』を営む大学生・早瀬俊。彼は進藤翼という少女と二人で暮らしていた。深い翳を宿す青年・早瀬と、非の打ち所がない少女・翼。店の常連客、翼の担任教師、老いた元警官など周囲の人物たちから、少しずつ早瀬と翼の秘密が明かされていく―。埋めることのできない「喪失」。「生と死」を描いてきた著者が投げかける新たな傑作!この物語の行く末は?驚嘆のミステリー!!

*感想*
横浜にあるデリヘル『ピーチドロップス』を舞台にしたミステリー小説でした。

6編からなる連作短編集で6人6色の人生が各章で綴られるのですが、それらの各主人公は何かしら『ピーチドロップス』に関わりがあることから、彼らの人生を読むのと同時に、ピーチドロップスの経営者である早瀬の謎も、読者に読ませていくという面白い構成でしたグッド

各章の主人公たちの悩みやトラブルもなかなかクレイジーというか刺激的というか(エロ描写も多いですし…たらーっ)なものなので、短編としても面白いのですが、やはり読ませどことは、章が進むごとにちゃんと時系列も進み、「渚の失踪」についての謎が解き明かされるところでしょう!!
本書序盤は、デリヘルとその経営者の美青年:早瀬に注目しがちになってしまって、軽薄な本なのかな?とも思ったのですが、中盤からはシングルマザーになってしまった娘を心配する元警察官の視点を通して、女性が『女』を売りにするしかなくなってしまった社会のしくみや現状について考えさせられたり、デリヘル嬢を狙った連続殺人鬼の歪んだ思考を読み怖くなったりと、どんどん深くなっていく物語に気が付けば夢中になっていました。

そしてラストの章に綴られている本書の総決算『渚の失踪』の真相を知った時、あらすじに使われている文言『冷たい魔法』の意味がわかるし、その『魔法』の恐ろしさに正直慄きましたひやひや。はっきりいってこれが『人を征服する』ということなんでしょうね。腕力でもお金でも人を長い時間支配することはできない。でもその渚の方法だったら確かにできる気がする… 

この結末はきっと誰も想像できないと思います。是非読んでみて下さいぴかぴか
あ!でも、この物語に夢中になっても、デリヘルの世界にはくれぐれも踏み込まないようにね(笑)


  ├ 本多孝好 -
スポンサーサイト


- -
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>
Category
Profile
Archives
Comment
Search
Mobile
qrcode
Sponsored Links