読書が大好きな主婦の読書記録です☆
年間100作品読破を目指して日々読書に明け暮れ、本を通して感じた事や感動を忘れたくないので、記録として綴っています(*^。^*)
<< 中山七里 『ヒポクラテスの誓い』 main 真梨幸子 『アルテーミスの采配』 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています



- -
八木圭一 『一千兆円の身代金』

*あらすじ*
前代未聞の身代金を要求する、史上最凶の誘拐劇。
若者へ負担を押しつける日本の政治や、財政赤字への不満・不安をブログで訴える平岡ナオト。
彼のもとに保育士や大学生らが集まり、ある計画がスタートする。
やがて、元首相の孫にあたる小学生が誘拐される事件が発生。
犯人「革命係」からの要求は、財政赤字の見直し、もしくは一千兆円の身代金だった!
政府、マスコミ、国を巻き込んだ事件の行方は……。
第12回『このミステリーがすごい!』大賞・大賞受賞作品、待望の文庫化。

*感想*
日本の財政赤字や警察の不祥事など現実の社会問題をベースに誘拐事件が発生するという、社会派ミステリーでした。

誘拐犯の要求が日本の財政赤字と、それに伴う若い世代への負担を核に描いているので、至る所で池上彰先生の授業を聞いている気分になりますテレビジョン。しかし誘拐犯の政府への要求はシンプルに
『身代金1085兆円を用意すること(1085兆円とは日本の財政赤字と同額)』

もしくは
『財政危機を招いた責任を謙虚に反省し、国民に対して公式謝罪と具体的な再建案の提示をすること』

の二者択一というもので、政治経済に疎い私でも楽しむことができました!いや、あまりに無知すぎる自分にかなり耳が痛かったのも事実ですがね…モゴモゴ

また構成も刑事、誘拐犯、誘拐された男児の親の目線と場面で変わるので、事件の全貌が厚みを持って描かれていて良かったです。視点を変える事によって、社会問題の硬派な部分もしっかり描き、ネット社会や若者言葉の軟派な部分も取り入れられていてメリハリを感じられましたぴかぴか ちょっとイケメンすぎる刑事は流行に乗り過ぎな気もしましたけどね(笑)イヒヒ

今回の誘拐犯は少々過激なところがあったけれど、いつ何時現実に平岡ナオトが出てきてもおかしくない世の中だし、国民全員がこの問題をしっかり受け止めて日本を変えていかないといけないことなので、楽しみながらも沢山考えさせられた良作だったと思います桜たしかに「このミステリーがすごかった!」!!

あ!そうだ!本書はこの秋フジテレビでドラマ化ですね!
まだ放送日は発表されていないけれど、公式HPはこちら
http://www.fujitv.co.jp/fujitv/news/pub_2015/150730-255.html
主演は香取慎吾くんで、誘拐されるのは本田望結ちゃんですよ〜るんるん私も観てみますラッキー


★や行 - その他の作家 -
スポンサーサイト


- -
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>
Category
Profile
Archives
Comment
Search
Mobile
qrcode
Sponsored Links