読書が大好きな主婦の読書記録です☆
年間100作品読破を目指して日々読書に明け暮れ、本を通して感じた事や感動を忘れたくないので、記録として綴っています(*^。^*)
<< 湊かなえ 『リバース』 main 薬丸岳 『誓約』 >>
伊岡瞬 『いつか、虹の向こうへ』


*あらすじ*
尾木遼平、46歳、元刑事。ある事件がきっかけで職も妻も失ってしまった彼は、売りに出している家で、3人の居候と奇妙な同居生活を送っている。そんな彼のところに、家出中の少女が新たな居候として転がり込んできた。彼女は、皆を和ます陽気さと厄介ごとを併せて持ち込んでくれたのだった…。優しくも悲しき負け犬たちが起こす、ひとつの奇蹟。
第25回横溝正史ミステリ大賞&テレビ東京賞、W受賞作。

*感想*
先日読んだ著者の『代償』がとても面白かったのと、Amazonでのレビューが高いということで、本書を読んでみたのですが…
ハードボイルドすぎて、私の好みではありませんでしたー悲しい
『代償』が私の好みだっただけに、悔しいよぉ〜〜悲しい

ストーリーは、職も妻も失った元刑事の中年酒好きおやじが、ひょんな事で出会った少女が関係している殺人事件の真相を、やくざからの依頼で捜査する。
というもの。

その酒好き主人公の過去や言動はもちろん、やくざが絡んできた辺りから一気にハードボイルド色銃が強くなったため私の手には負えず、読むのがかったるくなってしまいました。
良くも悪くも「遊び」と「緩さ」がない展開&文体なんです。それがハードボイルド小説の基本というものかもしれませんが、私には合わなかったし、登場する男たちを一人も魅力的に感じることができませんでした失恋

しかしそれはただ単に好みの問題なので、ハードボイルドが苦手ではない方にはきっと楽しい小説だと思うので読んでみてくださいねムード
主人公のおっさんと同居している人々の過去や、警察・やくざとの駆け引きと、読者の興味を引く謎がちょこちょこ含まれていたので、確読み甲斐があると思いますよムード

もしも読んでみて私と同様にハードボイルドが苦手だと気が付いた方は本作品が横溝正史ミステリ大賞を受賞するにあたって寄せられた綾辻行人さんの選評を読んでみて下さい。綾辻さんもハードボイルドが苦手な方らしくて、ズバリ「好みに合わない種類の作品だった」と書きつつも、面白く読めたとの評価を書かれていて、激しく同意できますよ(笑)イヒヒ
今回は残念だったけれど『代償』の感動を胸に、また伊岡さんの作品を読んでみたいと思いますパンチ


  ├ 伊岡瞬 -
スポンサーサイト


- -
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< January 2020 >>
Category
Profile
Archives
Comment
Search
Mobile
qrcode
Sponsored Links