読書が大好きな主婦の読書記録です☆
年間100作品読破を目指して日々読書に明け暮れ、本を通して感じた事や感動を忘れたくないので、記録として綴っています(*^。^*)
<< 葉真中顕 『絶叫』 main 近藤史恵 『私の命はあなたの命より軽い』 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています



- -
柚月裕子 『ウツボカズラの甘い息』

*あらすじ*
容疑者は、ごく平凡な主婦――のはずだった。
殺人と巨額詐欺。交錯する二つの事件は人の狂気を炙り出す。戦慄の犯罪小説。

家事と育児に追われ、かつての美貌を失った高村文絵。彼女はある日、趣味の懸賞でデイナーショーのチケットを手にした。参加した会場で、サングラスをかけた見覚えのない美女に声をかけられる。女は『加奈子』と名乗り、文絵と同じ中学で同級生だというのだ。そして、文絵に恩返しがしたいとある話を持ちかけるが――。
一方、鎌倉に建つ豪邸で、殺人事件が発生。被害者男性は、頭部を強打され凄惨な姿で発見された。神奈川県警捜査一課の刑事・秦圭介は鎌倉署の美人刑事・中川菜月と捜査にあたっていた。聞き込みで、サングラスをかけた女が現場を頻繁に出入りしていたという情報が入る……。

*感想*
重すぎず、硬すぎず、単純すぎず、の3拍子が揃った犯罪小説でしたかわいい

普通に面白かったのですが、どの作家さんも一度は執筆する警察モノだけに、内容や設定に既視感を覚えることも多々ありました。例えば警察目線の主人公である秦刑事の妻が植物状態、秦の相棒が女性巡査、マルチ商法、新興宗教などなど…。んまぁでも面白かったですよ。事件の全貌を明らかにするキーパーソン『サングラスの女』が幽霊の如く尻尾をなかなかつかませない辺りとか、良い焦らしだったと思いますラブラブ

ラストの犯人の供述は、犯人の境遇や犯罪に走るまで、そしてその手口の全てを明らかにしてくれて非常にすっきりしたのですが、大金を必要とする理由が「贅沢」という方面に走ってしまっていたのが「ひとりよがり」的な言い分に聞こえてしまい残念でした汗。できたら「お金がなくても幸せになれると信じてやってきたのに、どうしてもお金がないと不幸から抜け出せないと思い知らされてしまい犯罪に走ってしまった」という濃いめの内容が聞きたかったな。

『戦慄の犯罪小説』は言い過ぎだと思いますが、そこそこ(←失礼なたらーっ)楽しめる警察小説ですので、是非とも読んでみてくださいね〜桜


  ├ 柚月裕子 -
スポンサーサイト


- -
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
Category
Profile
Archives
Comment
Search
Mobile
qrcode
Sponsored Links