SexyZoneの中島健人くんと読書が大好きな主婦の読書記録です☆
年間100作品読破を目指して日々読書に明け暮れ、本を通して感じた事や感動を忘れたくないので、記録として綴っています(*^。^*)
<< ゴーストライター main 新刊情報 >>
百田尚樹 『永遠の0』


*あらすじ*
「生きて妻のもとへ帰る」
日本軍敗色濃厚ななか、生への執着を臆面もなく口にし、仲間から「卑怯者」とさげすまれたゼロ戦パイロットがいた……。
人生の目標を失いかけていた青年・佐伯健太郎とフリーライターの姉・慶子は、太平洋戦争で戦死した祖父・宮部久蔵のことを調べ始める。祖父の話は特攻で死んだこと以外何も残されていなかった。
元戦友たちの証言から浮かび上がってきた宮部久蔵の姿は健太郎たちの予想もしないものだった。凄腕を持ちながら、同時に異常なまでに死を恐れ、生に執着する戦闘機乗りーーそれが祖父だった。
「生きて帰る」という妻との約束にこだわり続けた男は、なぜ特攻に志願したのか? 健太郎と慶子はついに六十年の長きにわたって封印されていた驚愕の事実にたどりつく。
はるかなる時を超えて結実した過酷にして清冽なる愛の物語!

*感想*
今更ながら『永遠の0』を読みました。2012年にヒットした作品なので、自分でも“今更感”があり手を出していなかったのですが、先日の「テレビ東京開局50周年特別企画 3夜連続ドラマ放送(2015年2月11・14・15日)」をキッカケに読むことにしました。(ちなみに私は映像よりも原作を先に読みたい派なので、ドラマは録画しておいてまだ観ていません)

読んだ感想は…

もっと早く本書を読むべきだったと後悔する程に素晴らしい作品でした悲しい

多分もう多くの方が本書を読んでいる、もしくは映像を観ていると思うので、あらすじはご存じだと思いますが、「生きて帰る」という強い信念の下に戦闘機に乗っていた宮部久蔵がなぜ「特攻」という十死零生の任務を果たすことになったのか… そこには深い背景と理由が隠されていて、その結末を読んだ時は鼓動が速くなり、体が震え、そして涙がひたすら流れました悲しい

しかし、本書の素晴らしいところは、久蔵の最期についてのミステリー的部分だけでなく、戦争がいかに悲惨なものだったのか、戦争の司令部がいかに兵隊の命を軽々しく扱ってきたのか、そしてその一番底辺で一兵隊として特攻に生かされる青年たちがどれほどに過酷な任務を背負わされていたのか、そいういう戦争の詳細を丁寧に描いているところにあると思いました。
更には、国民の思想をよからぬ方向へリードしてきたマスメディアに対しても強い批判を書き込んでいて、戦争を多角的に読者に考えさせる名作だったと思います。

本書を読んで、自分がいかに戦争の事を知らず、そして興味も持たずして生きてきたのかを恥じました。その証拠に、私は今まで神風特攻隊は『志願制』で、志願した兵隊は死を恐れない勇敢な人々であり、そしてその攻撃は日本には必要なものだったと思っていたからです。しかしまさか厳しい戦局で、負けるとわかっていながら、弔い合戦のために若い兵隊たちが『志願制』という名の下に強制的な特攻が使われていたなんて言葉を失いました。私達は戦争というものがどれだけ国と町と人を傷つけてきたのか後世に伝えて行かなければ絶対にいけないと思います。そのために私もこれから少しずつ戦争について勉強していきたいと思います。そして今年の終戦記念日には、私も黙禱をしたいと思います。

百田さん本当に本当に素晴らしい作品をありがとうございました。



***2015年3月23日追記***

上記で述べた「テレビ東京開局50周年特別企画 3夜連続ドラマ放送(2015年2月11・14・15日)」を昨夜見終わりました。
主演の向井理さんをはじめとする、出演者の皆様の演技も、そして脚本も素晴らしく頭が痛くなる程に泣きました。
戦争用語とその戦場の様子がかなり省かれてしまっているので、本書を読んで感じた戦争の悲惨さが「家族への愛」に繋がったものとしての悲しみとしか残らなかったのが少々物足りなくも感じましたが、映像でしか伝えられない空戦の描写や、資料館での場面など、百聞は一見にしかずな良さもとてもあって良い作品でした。
そして、なんとラストが原作とドラマは少し違ってるんですね!でもどちらのラストも本当に良かったので、本とドラマで2度楽しめました。
どちらか一方しか読んでない(見てない)方は、是非とも両方読んで(見て)くださいね〜(^○^)


  ├ 百田尚樹 -
スポンサーサイト


- -
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
Category
Profile
Archives
Comment
Search
Mobile
qrcode
Sponsored Links