読書が大好きな主婦の読書記録です☆
年間100作品読破を目指して日々読書に明け暮れ、本を通して感じた事や感動を忘れたくないので、記録として綴っています(*^。^*)
<< 三上延 『ビブリア古書堂の事件手帖〜栞子さんと奇妙な客人たち〜』 main 柚月裕子 『蟻の菜園―アントガーデン―』 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています



- -
真梨幸子 『人生相談。』


*あらすじ*
大洋新聞に連載されている「よろず相談室」には老若男女から様々な相談が寄せられている――。
『昔のあの出来事、セクハラにあたるのでしょうか?』
『西城秀樹が好きでたまりません!』
『占いは当たるのでしょうか…』
すべては“あなたの悩み”から始まった―。
何の関係性もなさそうな「人生相談」。その裏にあるものは?!ラスト1ページまで、目が離せない!!

*感想*
素晴らしい作品すぎて、速攻で二度読みしちゃいましたーラブラブラブ!!
伏線が張られまくりで、人物相関図を脳内で描きながら読むことが苦痛でない、むしろ好きだという方には、絶対絶対絶対にお勧めの作品ですよー桜!!

皆さんは新聞に掲載されている「人生相談」コーナーって読んでいますか?
本書はその「人生相談」コーナーに寄せられた悩みに秘められた現実、そして同じような悩みを持つ人を各短編で丁寧に描きつつ、ラストにはそれらの事実が組み合わさり、1つの大きな事件を浮き彫りにさせています。群像劇を濃くした連作短編集というかんじかな。

なので群像劇が大好きな私にはたまらない1冊でしたぴかぴか 真梨さんのプロット力に本当に感服!感激!雨!霰!ラブラブ
しかしさすがに私も1回の読了では内容を完全には把握しきれなかったので、2回目の読書は、人物相関図とポイントを自分なりに書き出しながら読みました。
せっかくなのでそのまとめを下記に載せておこうかと思ったのですが… ちょっと物語が複雑なので、まとめようにも超長文になってしまうので、完全ネタバレの結論だけ書きますねイヒヒ 本書の意味がいまいちわからなかった方はよかったら参考にしてくださいるんるん



ネタバレ注意↓
ネタバレ注意↓
ネタバレ注意↓




【簡単な総まとめ】
 \邯寿々子が立ち退き問題で悩んでいる原田家と、借金取り問題で悩んでいる小坂井家を同居するよう差し向けた。
◆仝凝腸箸紡膓發あることを知ってしまった安田さんが原田和子とおばあちゃんに殺された。
樋口義一(川口義一)は母親(川口寿々子)の死体が原田家の物置にあると勘違いしていた。
失踪した川口寿々子は西野奈々子と改名。
川口寿々子の同僚だった並木郁子はガーネット・サクヤという占い師になった。


ちょっと簡単にまとめすぎたかな〜?たらーっという気もしますが、とりあえず上記5点だけでも理解していれば、本書の有耶無耶悶々としていたものが晴れるかと思いまするんるん


真梨さん、面白かったよ〜〜!!ありがとぉ〜〜ラブ
皆さんも是非とも読んでみてくださーいぴかぴかぴかぴか


  ├ 真梨幸子 -
スポンサーサイト


- -
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< March 2020 >>
Category
Profile
Archives
Comment
Search
Mobile
qrcode
Sponsored Links