読書が大好きな主婦の読書記録です☆
年間100作品読破を目指して日々読書に明け暮れ、本を通して感じた事や感動を忘れたくないので、記録として綴っています(*^。^*)
<< 東野圭吾 『虚ろな十字架』 main 嶋中潤 『代理処罰』 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています



- -
岩城けい 『さようなら、オレンジ』


*あらすじ*
オーストラリアの田舎町に流れてきたアフリカ難民サリマは、夫に逃げられ、精肉作業場で働きつつ二人の子どもを育てている。
母語の読み書きすらままならない彼女は、職業訓練学校で英語を学びはじめる。
そこには、自分の夢をなかばあきらめ夫について渡豪した日本人女性「ハリネズミ」との出会いが待っていた。
第8回大江健三郎賞受賞 2014年本屋大賞4位 第150回芥川賞候補 第29回太宰治賞受賞

*感想*
各所から絶賛の嵐!
「言葉とは何かという問いをたどってゆくと、その先に必ず物語が隠れている」 ―小川洋子
「読んでいて何度も強く心を揺さぶられ、こみあげるものがあった」 ―三浦しをん

という売り込み文句に惹かれて読んでみましたが… 私には心を揺さぶられたり、こみあげるものがない作品でした…がく〜

アフリカ難民の子連れ主婦のサリマが、オーストラリアの田舎町で差別や言語のわからないハンディキャップに向き合いながら、仕事と子育てをしていく。という話なのですが、全体的に言葉数が少なく、登場人物達の心情を読者が丁寧に汲み取り、咀嚼する力が試されている作品だと私は思いました。

描かれているテーマやエピソードは確かに現実的で、悲しいこと、美しいことがバランスよく組み込まれていたと思います。アフリカの過酷な状況、差別という壁、子を持つ悦びと失った時の悲しさ、徐々に人と人とが心を開きあい、通じていく美しさ…などなど。でもどんなに良い事が書かれているとわかっていても、読んでいてつまらなかった。私も学生時代に3年半海外で生活していたので、差別や言葉の壁はわかるし、現在は2児の母でもあるので、2人の女性主人公の気持ちがわかる気もするのですが、全然私の心の中に浸透してこなかったんですあせあせ

映画『風と共に去りぬ』みたいな女性の強さを描いた物語が好きな人には合う作品なのかな?166ページしかない短い小説なので、とりあえず気になった方は読んでみてねかわいい


★あ行 - その他の作家 -
スポンサーサイト


- -
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>
Category
Profile
Archives
Comment
Search
Mobile
qrcode
Sponsored Links