読書が大好きな主婦の読書記録です☆
年間100作品読破を目指して日々読書に明け暮れ、本を通して感じた事や感動を忘れたくないので、記録として綴っています(*^。^*)
<< 伊坂幸太郎 『残り全部バケーション』 main 真梨幸子 『殺人鬼フジコの衝動 【限定版】 』 >>
沼田まほかる 『猫鳴り』

*あらすじ*
流産した哀しみの中にいる夫婦が捨て猫を飼い始める。モンと名付けられた猫は、夫婦や思春期の闇にあがく少年の心に、不思議な存在感で寄り添ってゆく。まるで、すべてを見透かしているかのように。そして20年の歳月が過ぎ、モンは最期の日々を迎えていた。濃密な文章力で、生きるものすべての心の内奥を描き出した傑作。

*感想*
まほかる作品ということで、「おどろおどろしい」「ゾクゾク」などのエンタメホラーおばけな作風を想像していたのですが、本書はモンと名付けられた一匹の猫猫に関わる3者の人生を通して「生と死」を描いた、ちょっと文学的ともいえる内容でした。

第一部では、流産した主婦(信枝)がモンと出会い、飼うまでの経過が描かれるのですが、頑なにモンを飼おうとしない信枝の心情と行動には、失った胎児のことも重なって、狂気染みた感じもあり、少し怖かったです。
第二部では、人生に活路を見い出せない男子高校生の日々の鬱憤が描かれるのですが、思春期ならではの葛藤や親への対応が秀逸でした。あと子育て中の私としては、「チャイチャイのチビ」「ブーブーのチビ」などの子供の描写もすごく特徴を掴んでいて、微笑ましくも思えました。
第三部では、信枝の旦那である藤治とモンの老後が描かれるのですが、本書中ではやはりこの話が一番「生と死」を踏み込んで書いていて、心にジワリジワリと沁みるように読み耽りました。

第三部は直接的な「生と死」が分かり易く描かれていたので私でも楽しめたのですが、第一部と第二部は、ちょっと回りくどいしモンの心情があまり多くは描かれないから、正直読んでいて没頭できなかったわぁ〜汗

本書のラストは猫や動物を飼った事がある方には、涙が止まらない内容でしょうから、自宅で読んでくださいねるんるん

本書は私にはイマイチだったけれど、今年もまほかる作品制覇に向けて頑張りまーすラブ


  ├ 沼田まほかる -
スポンサーサイト


- -
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< January 2020 >>
Category
Profile
Archives
Comment
Search
Mobile
qrcode
Sponsored Links