読書が大好きな主婦の読書記録です☆
年間100作品読破を目指して日々読書に明け暮れ、本を通して感じた事や感動を忘れたくないので、記録として綴っています(*^。^*)
<< 越智月子 『モンスターU子の嘘』 main 有川浩 『旅猫リポート』 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています



- -
湊かなえ 『母性』

*あらすじ*
「これが書けたら、作家を辞めてもいい。そう思いながら書いた小説です」著者入魂の、書き下ろし長編。持つものと持たないもの。欲するものと欲さないもの。二種類の女性、母と娘。高台にある美しい家。暗闇の中で求めていた無償の愛、温もり。ないけれどある、あるけれどない。私は母の分身なのだから。母の願いだったから。心を込めて。私は愛能う限り、娘を大切に育ててきました──。それをめぐる記録と記憶、そして探索の物語。

*感想*
湊さんの作家としての成長を感じる1冊でした〜ぴかぴか(上から目線的コメントですみませんたらーっ

湊さんといえば、独白形式のミステリーが十八番ということもあり、心情描写が少なく“表面的”な面白さがこれまでは目立っていたと思います。しかし本書では“母性”をキーワードに、登場人物たちの思いが描かれ、しかもそれらの“母性”が上手く絡み合わないところが切なくて、楽しめた作品でした桜

今回は登場人物たちがとても個性的で本当に良かったです!
嫁いびりをする口の悪い祖母。
家庭から目を背けているかと思いきや、母(ルリ子)の性格をちゃんと把握していて、でもやっぱり家庭を裏切っていた父(田所)。
息子の育児に手を焼いている憲子。
他にも手芸教室の敏子に裏の顔があったこととか、とにかく醜いエピソード満載で面白かったです。
そして、私が「醜いエピソード&ワード大賞」を選ぶなら、第四章で娘が憲子に怒鳴ったこの文章でしょう

「黙れ、バカ親。だいたいこんなときまでうちに来るなんて、頭おかしいんじゃないの?ガツガツ食べて、昼寝して、また食べて。豚と同じ。今日の餌はもうやったんだから、このバカ連れて、とっとと帰れ!」

これは強烈でしたね〜 でも私も憲子と英紀には腹が立っていたのでスカっともしたわ。

“母性”がテーマなので、女性向きの話かもしれませんが、是非とも多くの人に読んでもらいたいですね〜ぴかぴか


  ├ 湊かなえ -
スポンサーサイト


- -
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>
Category
Profile
Archives
Comment
Search
Mobile
qrcode
Sponsored Links