読書が大好きな主婦の読書記録です☆
年間100作品読破を目指して日々読書に明け暮れ、本を通して感じた事や感動を忘れたくないので、記録として綴っています(*^。^*)
<< 中村文則 『何もかも憂鬱な夜に』 main 有川浩 『シアター!2』 >>
重松清 『ステップ』

*あらすじ*
結婚三年目、三十歳という若さで、朋子は逝った。あまりにもあっけない別れ方だった―。 男手一つで娘・美紀を育てようと決めた「僕」。初登園から小学校卒業までの足取りを季節のうつろいとともに切り取る、「のこされた人たち」の成長の物語。

*感想*
妻を亡くした「僕」、母を亡くした娘。残された父と娘のその後の生活を描いた物語。

妻に先立たれて、精神的に悲しいのはもちろんのこと、物理的に生活上不便な事が生じることは私にも想像できました。 しかし本書ではその様な単純な問題だけでなく、娘の成長と共にぶつかる問題や、親切にしてくれる義両親との微妙な関係を描いていて、切なさや歯痒さを強く感じた深い作品でした。

義両親と「僕」との距離感は絶妙でしたねグッド 義両親にとっては娘を亡くしたことになり、その悲しみを抱えつつ、孫の美紀を愛し… でもその愛情を「僕」は完全には喜べなくて…と。。。 しかしそんな関係でも、いつも正面からぶつかってきてくれる義父の言動は非常に気持ちが良く、とても心に響きましたポッ

四歳になった美紀の成長について「いままでは、言ってみれば動物としての子どもを育てる苦労だよ。でも、子どもが大きくなってくると、今度は、ひととしての子供を育てていかなきゃいかん。ほんとうに大変なのは、これからなんだよ」の語りもそうだし、ラストの「きみは、俺の息子だ。そう思わせてくれ」「最初で最後の親父の説教だ」の言葉は涙を堪えて喉の奥が痛くなりました。

本書は娘をお持ちの30代〜40代の男性には泣ける悲しい作品、子育て中の女性には親父の愛情を学べる嬉しい作品になっていると思います!是非読んでみてくださいぴかぴか


  ├ 重松清 -
スポンサーサイト


- -
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< January 2020 >>
Category
Profile
Archives
Comment
Search
Mobile
qrcode
Sponsored Links