読書が大好きな主婦の読書記録です☆
年間100作品読破を目指して日々読書に明け暮れ、本を通して感じた事や感動を忘れたくないので、記録として綴っています(*^。^*)
<< 有川浩 『シアター!』 main 東野圭吾 『マスカレード・ホテル』 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています



- -
高野和明 『ジェノサイド』

*あらすじ*
急死したはずの父親から送られてきた一通のメール。それがすべての発端だった。創薬化学を専攻する大学院生・古賀研人は、その不可解な遺書を手掛かりに、隠されていた私設実験室に辿り着く。ウイルス学者だった父は、そこで何を研究しようとしていたのか。同じ頃、特殊部隊出身の傭兵、ジョナサン・イエーガーは、難病に冒された息子の治療費を稼ぐため、ある極秘の依頼を引き受けた。暗殺任務と思しき詳細不明の作戦。事前に明かされたのは、「人類全体に奉仕する仕事」ということだけだった。イエーガーは暗殺チームの一員となり、戦争状態にあるコンゴのジャングル地帯に潜入するが…。
本の雑誌2011年上半期ベスト10 第1位
日経おとなのOFF 2011年上半期ベスト10 第1位

*感想*
本書読んで、私は初めて知りました…
活字でハリウッド映画級の壮大な物語が描けることを!!
最近色々なメデイアで取り上げられている本書ですが、確かにこれは各種メディアで紹介したくなるのも納得できます、そして間違いなく絶賛に値する作品です

ハリウッド映画級の内容であるため、簡潔なあらすじを述べるのは難しいのですが、本書の舞台は「アメリカ合衆国」「コンゴ」「日本」の3ヶ国になります。この3国間を通して描かれるテーマは「世界情勢」「国際紛争」「軍事機密」「創薬事情」「人間の善悪」などとても広く、そしてそれらは「人類全体の未来」という深いものへと繋がってゆきます。しかし舞台転換がとても早く、専門的な話はとことん専門的に綴られているために、飽きることなく、どんどんと物語の世界へと深く連れて行ってくれました。軍事評論家でも、政治評論家でも、そして科学者でもない著者が、よくぞここまで詳しく各分野のエピソードと組み込んだ物語を書けたものだ!と心の底から敬服します

エンターテインメント作品として、ドキドキハラハラしたり、胸を締め付けられる悲しい場面もあるのですが、私が一番心に残ったのは、ハイズマンという学者の3つの台詞です。
『すべての生物種の中で、人間だけが同種間の大量殺戮(ジェノサイド)を行う唯一の動物。それがヒトという生き物の定義。人間性とは残虐性なのだ』
『隣人と仲良くするよりも、世界平和を叫ぶほうが簡単なのだ』
『現生人類は、誕生から二十万年を費やしても殺し合いを止められなかった哀れな知性生物だ。』

ハイズマンの言葉を読み、自分がどれだけ平和ボケしていたか痛感しました。私には世界を変えることはできないだろうけれど、せめて今日からは新聞の世界面の記事をもっと真剣に読みたいと思います
そして本書が映像化される日を楽しみに待ちたいと思います



  ├ 高野和明 -
スポンサーサイト


- -
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>
Category
Profile
Archives
Comment
Search
Mobile
qrcode
Sponsored Links