読書が大好きな主婦の読書記録です☆
年間100作品読破を目指して日々読書に明け暮れ、本を通して感じた事や感動を忘れたくないので、記録として綴っています(*^。^*)
<< 桐野夏生 『緑の毒』 main 高野和明 『ジェノサイド』 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています



- -
有川浩 『シアター!』

*あらすじ*
小劇団「シアターフラッグ」―ファンも多いが、解散の危機が迫っていた…そう、お金がないのだ!!その負債額なんと300万円!悩んだ主宰の春川巧は兄の司に泣きつく。司は巧にお金を貸す代わりに「2年間で劇団の収益からこの300万を返せ。できない場合は劇団を潰せ」と厳しい条件を出した。新星プロ声優・羽田千歳が加わり一癖も二癖もある劇団員は十名に。そして鉄血宰相・春川司も迎え入れ、新たな「シアターフラッグ」は旗揚げされるのだが…。

*感想*
今回は有川さんお得意の『ベタ甘』が全然なかったよぉ〜〜
残念〜〜 いや、残念を通り越してショック〜〜

「小劇団の再建」がメインストーリーになる本書。一般人が知る機会がなかなか無いであろう、舞台制作の過程や、演劇の魅力がわかりやすく描かれていて、とても興味深く面白かったのです。今まで一度も舞台演劇を見たことがない私ですが、是非とも何か見に行きたい と読後に強く思いました。そういう意味では、舞台演劇初心者の「入門書」として、本書を楽しむのも良いかもしれないですね

とにかく今回は“演劇”がメインだったために、人間関係ドラマ(ベタ甘含め)が少なかったです。翼→→牧子 牧子→→巧 司=??=千歳など、ポロポロ恋愛模様も組み込まれていたのですが、どれも不完全燃焼というか… 今回のメインストーリーである「劇団再建」には、直接関係ないので、その辺の人物相関は曖昧に終わってしまい残念だったわ。。。 残念だったけれど、メインの舞台上演の様子や、舞台の経理収支はバッチリと描かれていたから、これはこれで良い内容の本だったのでしょうね。
人間ドラマについては、現時点で既に「シアター!2」が刊行されているので、「2」に期待することにします

最後に、「羽田千歳」って名前のセンス、すっごく好きですよ





  ├ 有川浩 -
スポンサーサイト


- -
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>
Category
Profile
Archives
Comment
Search
Mobile
qrcode
Sponsored Links