読書が大好きな主婦の読書記録です☆
年間100作品読破を目指して日々読書に明け暮れ、本を通して感じた事や感動を忘れたくないので、記録として綴っています(*^。^*)
<< 角田光代 『ツリーハウス』 main 百田尚樹 『幸福な生活』 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています



- -
貴志祐介 『悪の教典』

*あらすじ*
学校という閉鎖空間に放たれた殺人鬼は、高いIQを持つ有能な教師だった。好青年の貌を持つサイコパス、その凶行は誰が止められるのか──
ピカレスクの輝きを秘めた戦慄のサイコ・ホラー。
2010年度「このミステリーがすごい!」第1位、「週刊文春ミステリーベスト10」第1位、第1回山田風太郎賞作品。

*感想*
こんなに大量殺人が起こる作品を読んだのは、高見広春著『バトル・ロワイアル』(1999年)以来です。話の系統としては、2011年秋に映画化公開も決定している、金沢伸明著『王様ゲーム』(2009年)も同じになるのかしら?(ちなみにこちらは未読。)とにかく、学校のクラスメート達が次々と死んでいく話なんですよ。。。

大量殺人話が好きな方には本書はとても面白いと思います。貴志祐介はベテラン作家で、構成・文章力共に安定していますからね。本書の構成は、前半で主人公である殺人鬼・蓮見のIQの高さと用意周到さを裏付けるエピソードが多々描かれ、後半で大量殺人を犯すというものになっています。その前半のエピソードの細やかさから、後半での展開が「行きあたりばったりさ」を感じさせなく、更には蓮見の猟奇的さがもっと助長されていて、まさしくクライマックスに向けてスピードアップしていくものでした。これには、基本的なストーリーが好みではない私でも、ページをめくる手が止まらずに一気読みをしちゃったわ

上下巻合わあせて8百ページを超える大作にも関わらずスラスラと読めてしまう話なので、本の厚さに臆することなく手に取ってみてください







  ├ 貴志祐介 -
スポンサーサイト


- -
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>
Category
Profile
Archives
Comment
Search
Mobile
qrcode
Sponsored Links