読書が大好きな主婦の読書記録です☆
年間100作品読破を目指して日々読書に明け暮れ、本を通して感じた事や感動を忘れたくないので、記録として綴っています(*^。^*)
<< 海堂尊 『マドンナ・ヴェルデ』 main 堂場瞬一 『チーム』 >>
角田光代 『マザコン』


*あらすじ*
「あなたはマザコンよ、正真正銘の」妻に言われ、腹立ちまぎれに会社の女の子と寝てしまったぼく。夫より母親を優先する妻のほうこそ、マザコンではないのか。苛立つぼくの脳裏に、死の床から父が伸ばした手を拒む母の姿がよみがえり…表題作ほか、大人になった息子たち娘たちの、母親への様々な想いを描く作品集。疎ましくも慕わしい母と子の関係―胸がしめつけられる、切なくビターな8編。


*感想*
「お母さんは生まれた時から、お母さんだったんだ」
と子供の頃思っていませんでしたか?
中学生くらいになれば、両親にも赤ちゃんだった時、少年少女だった時、そして男女だった時期があったという事を理解できるのですが、それでも『お父さん』『お母さん』という役割に対して、絶対的な理想を抱き、押し付けたくなってしまうのですよね。例えば、両親には“男と女”という性的な部分を感じさせて欲しくなかったりとか。


本書には、母と子の関係を描いた8編の短編が収められています。(マザコンについて書いた短編集ではないのでご注意を)
嫌悪していたはずの母の性格に似てゆく子、母の新生活を「自分の知らない母になってゆく」気がして喜べない子、母と友達親子をして独身を通しているが自分の行く末を案じ愕然とする子… などなど。
バラエティー豊かな内容ともいえるのですが、『母』の存在感の強さは全話どれも強烈でした。“母の呪縛”といっても過言ではないでしょう。


特に私が読み入った作品は「パセリと温泉」でした。現実と妄想の区別がつかなくなった母のセリフが、とても妄想とは思えない内容で、たとえそれが妄想だとしても、その話の続きをもっと聞きたくなる魅力がありました。そして他人の悪意について愚痴る母親を嫌悪していたのに、気が付いたら自分の思考回路が母と同じになっていて…。子は親の鏡というけれど、切ない話でした。


子は100%間違いなく、母親の子宮から生まれてきます。だからこそ人にとって母とは特別な存在なのかもしれない。そして母と向き合う事は、自身と向き合う事にも通じているのかもしれないと気付かされました。


 



  ├ 角田光代 -
スポンサーサイト


- -
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< January 2020 >>
Category
Profile
Archives
Comment
Search
Mobile
qrcode
Sponsored Links