読書が大好きな主婦の読書記録です☆
年間100作品読破を目指して日々読書に明け暮れ、本を通して感じた事や感動を忘れたくないので、記録として綴っています(*^。^*)
<< 近藤史恵 『砂漠の悪魔』 main 角田光代 『マザコン』 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています



- -
海堂尊 『マドンナ・ヴェルデ』


*あらすじ*
「ママは余計なこと考えないで、無事に赤ちゃんを産んでくれればいいの」
平凡な主婦みどりは、一人娘で産科医の曾根崎理恵から驚くべき話を告げられる。子宮を失う理恵のため、代理母として子どもを宿してほしいというのだ。五十歳代後半、三十三年ぶりの妊娠。お腹にいるのは、実の孫。奇妙な状況を受け入れたみどりの胸に、やがて疑念が芽生えはじめる。
「今の社会のルールでは代理母が本当の母親で、それはこのあたし」。


*感想*
『ジーン・ワルツ』で描いた代理母出産を、代理母を引き受けたみどり(曾根崎理恵の母)の視点から描いた物語。


『ジーン・ワルツ』では多くの産科医療問題を取り上げていたのですが、本書では「代理母出産」について的を絞っています。代理母出産を身近に感じる人は多くないと思いますが、だからこそ著者がこのテーマを取り上げたということがラストで曾根崎理恵の言葉を通して語られ、代理母のルールについて考えさせられました。


本書では「法律上の母親は実際に子供を産んだ女性とし、卵子提供者の存在は法律上考慮しない」とう現在の日本の司法判断を厳しく非難しています。この論争は読んでいて胸が痛くなりました。なぜならば、自身の卵子による受精卵で代理母出産をした向井亜紀さん、第三者による卵子提供を受けて出産した野田聖子議員、とどちらのパターンも著名人によって実行されているので、他人事には思えない問題に感じたからです。両者とも「母になりたい」という思いは一緒なのに、司法の元ではどちらかしか母親になれないなんて悲しいです。しかしだからといって、曖昧なルールを作れば秩序と倫理が崩壊するものよくわかるので、私自身では結論の出せない問題でした。


これほど詳細で奥の深い医療関係の現状と問題点を鋭けるのは、医学博士である海堂尊にしか書けないでしょう。また今回はみどりの視点を通して「一人の女性」「一人の母」としての意見も多く組み込まれていて、人間味のある傑作になっていたと思いました。

 



  ├ 海堂尊 -
スポンサーサイト


- -
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>
Category
Profile
Archives
Comment
Search
Mobile
qrcode
Sponsored Links