読書が大好きな主婦の読書記録です☆
年間100作品読破を目指して日々読書に明け暮れ、本を通して感じた事や感動を忘れたくないので、記録として綴っています(*^。^*)
<< 道尾秀介 『球体の蛇』 main 『クリスマス・ストーリーズ』 >>
伊坂幸太郎 『SOSの猿』


★★☆☆☆


*あらすじ*
イタリアで「悪魔祓い」の経験があり、知り合いの“引きこもり息子”の相談を受ける男。
一瞬にして300億円を損失した、株誤発注事故の原因を調査する男。
『孫悟空』が彼ら2人の物語を作り、そして繋がる。


*感想*
残念…
とても残念…
私の大好きだった伊坂幸太郎はどこへ行ってしまったのだろうか…
元来の伊坂ファンには、きっとこの変化は喜ばしいものではないだろうね。。。


最近伊坂氏へのインタビューで「自分の書きたいものを書かせてもらっている」というコメントがあった通り、『モダンタイムス』以来、作風が変わってきました。どうやら著者は「物事の仕組みや本質」「現代社会とファンタジーの融合」を書きたいのでしょう。しかし、それらのテーマは文芸書に書くには重過ぎる内容で、伊坂氏の軽快な文章を紡ぎ出す才能を持ってしても、読者の関心を引き寄せるまでになっていないと思った。文芸書に「フォークランド紛争」や「ロシアのツングースカ大爆発」などという単語を期待する人がいるだろうか?残念ながら、いないか、いても少数派でしょう。


今回『あるキング』以上に、ファンタジーとの融合が多く描かれています。ファンタジー嫌いの私としては、これもまた読み難い要因の1つでした。西遊記が随所に顔を出し、孫悟空まで登場してくるのですが、こういう展開って面白いですか?ファンタジーが混ざると「何でもあり!」という世界になってしまい、物語の一貫性を失っている様にしか、私には感じられません。また、私が西遊記の全容を知らないから、今回非常に辛かった。


次回作も同様な作風だったら、胸を張って「私は伊坂ファンです!」と言えなくなりそうです



  ├ 伊坂幸太郎 -
スポンサーサイト


- -
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< January 2020 >>
Category
Profile
Archives
Comment
Search
Mobile
qrcode
Sponsored Links