読書が大好きな主婦の読書記録です☆
年間100作品読破を目指して日々読書に明け暮れ、本を通して感じた事や感動を忘れたくないので、記録として綴っています(*^。^*)
<< 湊かなえ 『贖罪』 main 湊かなえ 『少女』 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています



- -
貫井徳郎 『後悔と真実の色』


★★★☆☆


*あらすじ*
若い女性を襲い、死体から人指し指を切り取る連続殺人事件が発生した。犯人はネットで自身を「指蒐集家」と名乗り、次の殺害予告までもしてきた。犯人の足がかりが掴めずに翻弄される警察官達。その状況下、捜査一課のエース、西條輝司はある出来事を機に窮地に立たされていた―。これは罠なのか?被害者たちにつながりはあるのか?犯人の狙いは何か?緻密な構成で不器用に生きる男たちを活写する長編作。


*感想*
もしも貫井さんが私の親しい友人ならば、是非とも聞きたい、
「なぜ今更ながらに警察小説など書こうと思ったの?」と。
もしも貫井さんが私の夫で、本作品を発表前に一読させてもらえ、感想を求められたならば素直に答えるでしょう
「悪くはないけれど、警察物は止めておいたほうが良いんじゃないかしら」と。


本書中でも誰かが言っていた通り『餅は餅屋』なのですよ。やはり警察物を書くには、その世界に身を置いていた人でないと、やはり臨場感が出ないですね。警官上がりではありませんが、元新聞記者でる横山秀夫氏の警察小説を読むと、かなり記者時代に警察内部の事情に触れる機会があったと思われる程に、詳しい警察内部の情景が描かれていて読み応えがあります。ので、本書は残念ながら、薄っぺらい警察小説にしか感じられませんでした…


警察官が多数登場し、それぞれの視点で心情と物語が綴られるのですが、なんだかどの人も“三流俳優の演技”を見ているみたいな違和感を抱きました。特に西條と綿引に。矜持だのなんだのと息巻き、その後の挫折や失望、なんだか自己陶酔してるとしか思えず興醒めでした。そして肝心な連続殺人の犯人とトリックも大体予想した通りだし…


いつもなら500ページという長編にワクワクするのですが、今回は「一刻も早く読み終わりたい」という一心で読み進めました。申し訳ないですが、ヌクトクの警察物はこれっきりで勘弁してほしいです。

 



  ├ 貫井徳郎 -
スポンサーサイト


- -
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>
Category
Profile
Archives
Comment
Search
Mobile
qrcode
Sponsored Links