読書が大好きな主婦の読書記録です☆
年間100作品読破を目指して日々読書に明け暮れ、本を通して感じた事や感動を忘れたくないので、記録として綴っています(*^。^*)
<< 荻原浩 『ちょいな人々』 main 荻原浩 『噂』 >>
新津きよみ 『トライアングル』


★★★☆☆


*あらすじ*
医師を辞め、刑事になった郷田亮二。彼のこの転職には、過去に遭遇した事件が大きく影響していた。十歳の時、初恋の少女・葛城佐智恵が誘拐され、殺されたのだ。事件から十五年が経って時効が成立した時、亮二は自ら刑事となり、この事件を追い続けることを決意した。そんな亮二の前に、殺された葛城佐智恵に酷似した「葛城サチ」と名乗る美しい女性が現れた。この女性はいったい何者なのか―?


*感想*
2009年1月〜3月に、江口洋介・広末涼子らによってドラマ化された「トライアングル」の原作本です。
私もドラマは第7話目まで見ました(8話〜11話は録画してあるが、未観)。
ドラマで大体のあらすじを知っていた為、初めて本書を手に取った時に驚きました。何に驚いたのかというと、ページ数の少なさに!ソフトカバーの単行本で、314ページしかないんですよ。この薄さで、どうやって11話もあるドラマを作り上げたのか?と、ドラマを見ていた方なら必ず疑問を抱くことでしょう。
ここでは読書感想をメインに書きたいので、ドラマとの違いは多く語りませんが、簡単に書くと、「この原作から、よくもまぁあそこまで話を膨らませて実写したもんだ。まさしくドラマ化だけに、『ドラマチックな展開』というやつだね」という具合でしょうか。


著者の他の作品を読んだ時にも思ったのですが、本書でも同様に、内容や設定は面白いのに、展開と詰めが甘くて読んでいて面白さが半減していたと思います。読者を翻弄したり、良い意味で“裏切る”という事が下手なのでしょう。なので“葛城サチ”の正体が判明した時にも「あ、そうだったの」と軽く思う程度だし、葛城佐智恵殺人事件に深く関わっていると思われる怪しい男が殺害され、しかもその殺人犯が主人公に近い存在の人だったと解った時にも「その展開ちょっと急すぎない?」と苦笑に近い感じでした。


「ミステリー」・「恋愛」・“自分らしく生きる”という「人生観」について、どのテーマも突き詰めきれていない、良くも悪くも欲張りな話でした。
ドラマを観て面白いと思った方は、本書を読まない方がいいですよ〜。ガッカリしちゃうと思います(^▽^;)

 



  ├ 新津きよみ -
スポンサーサイト


- -
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
<< February 2020 >>
Category
Profile
Archives
Comment
Search
Mobile
qrcode
Sponsored Links