読書が大好きな主婦の読書記録です☆
年間100作品読破を目指して日々読書に明け暮れ、本を通して感じた事や感動を忘れたくないので、記録として綴っています(*^。^*)
<< 新堂冬樹 『女優仕掛人』 main 桐野夏生 『東京島』 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています



- -
山崎ナオコーラ 『手』


★★★☆☆


*あらすじ*
寅井サワコ 25歳。職業 配信会社OL。仕事に対してやる気が皆無なので、仕事のミスを注意されても屈辱も何も感じず、何事も諦めるのが一番だと思っている。
現在彼女がデートをしている相手は2人いる。1歳年上の他部署で働く森さんと、直属上司で58歳の大河内さんだ。しかし非常に醒めている彼女は、彼らとの関係が深まることがないのだった。
第140回芥川龍之介賞候補作品


*感想*
芥川賞候補作品だけあって、ご想像通りに派手な事件やエピソードのない物語です。通常こういう純文学的な内容を私は苦手とするのですが、主人公のサワコの言動に興味を惹かれ、飽きることなく読めました。


そのサワコの言動とは、仕事や社会、そして男性関係に対して、とても醒めているところです。その醒め具合と、サワコの女性としての強さを、私はとても“現代的”だと思いました。近年、小学生に「将来の夢は?」と尋ねても「特にない」と答える子供が多いそうです。いろいろと恵まれ、与えられて育った為に、夢や希望を貪欲に追いかけるという姿勢を失ってしまったのでしょう。サワコの何事にも無力な姿勢は、まさしく何不自由なく育てられた現代人の象徴だと感じました。そして男性に対して見下した思考は、「男女平等」を当然の権利として主張している、今どきの女性像を見事に描いていたと思います。


今どきの若者(20代半ば頃)が、何を考えているのか分からず悩んでいるおじさん、本書を読んでみてください。若者全てがサワコの様に、無気力なくせに社会批判だけはネット上で主張しようとしたり、森さんの様に、付き合っている彼女がいるのに、なんとなく雰囲気や流れにまかせて、他の女の子と遊んだりする様な人たちばかりではないけれど、彼らの空気感はなんとなくわかるのではないでしょうか。


文章は緩やかですが、鋭く現代の現実を描いた一冊でした。

 



  ├ 山崎ナオコーラ -
スポンサーサイト


- -
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
Category
Profile
Archives
Comment
Search
Mobile
qrcode
Sponsored Links