読書が大好きな主婦の読書記録です☆
年間100作品読破を目指して日々読書に明け暮れ、本を通して感じた事や感動を忘れたくないので、記録として綴っています(*^。^*)
<< 宮部みゆき 『おそろし 三島屋変調百物語事始』 main 梁石日 『血と骨』 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています



- -
谷村志穂 『余命』


★★★☆☆


*あらすじ*
結婚十年目にあきらめていた妊娠をした外科医・百田滴。子を宿した喜びも束の間、彼女は数年前に患い完治したと信じていた乳癌の再発を知る。子を諦め癌治療に専念するか… 子供を産み命を託すか… 余命を決めるのは自分。そして彼女の下した壮絶な決断とは。



*感想*


***今回の感想はネタバレですのでご注意ください***


『女は強い』いや、『母は強い』
本書を読んだ人は皆きっとそう思うのはないでしょうか?


自身の命よりも赤ちゃんの命を優先して、癌治療を一切せずに妊娠・出産を乗り越えようとする主人公の強さ… 本書はフィクションだけれど、この主人公・滴の決断は、妊娠出産を経験した女性には共感はできなくとも強い感銘を与えるものだと思いました。

ただ一つ残念だったのが、癌再発の告知を夫に隠し、更には出産間近に夫を遠ざけてしまうところです。本書中では「彼は私を愛しているが故に、子供の誕生を諦めて私に癌治療をさせようとするだろう」という理由が書かれています。しかし本当に信頼し愛し合っている夫婦ならば、妻はそんな憶測だけで決断をするべきではなかったと思いました。夫を本当に信じているのならば「私の命よりも、子供の命を優先したい」という希望をちゃんと夫に伝え、そして二人で結論を出し、その決断に向かって力を合わせていくのが夫婦のあるべき姿だと私は思います。でないと、滴はあまりに身勝手だと思いませんか?子供の誕生を優先させたい気持ちはわかりますが、自分が死んだ後に子供の面倒は一体誰がみると思っていたのでしょうか?「夫がみて当然」と思っていたのかしら。あの夫を追いやってまでの出産の仕方には「夫の人生の尊重」と「育児に対する責任」が感じられなくて、私は滴に対して憤りを感じました。

 



  ├ 谷村志穂 -
スポンサーサイト


- -
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>
Category
Profile
Archives
Comment
Search
Mobile
qrcode
Sponsored Links