読書が大好きな主婦の読書記録です☆
年間100作品読破を目指して日々読書に明け暮れ、本を通して感じた事や感動を忘れたくないので、記録として綴っています(*^。^*)
<< 上村佑 『守護天使』 main 三浦しをん 『きみはポラリス』 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています



- -
恩田陸 『夜のピクニック』


★★☆☆☆

*あらすじ* (「BOOK」データベースより引用)
高校生活最後を飾るイベント「歩行祭」。それは全校生徒が夜を徹して80キロ歩き通すという、北高の伝統行事だった。甲田貴子は密かな誓いを胸に抱いて歩行祭にのぞんだ。三年間、誰にも言えなかった秘密を清算するために―。学校生活の思い出や卒業後の夢などを語らいつつ、親友たちと歩きながらも、貴子だけは、小さな賭けに胸を焦がしていた。本屋大賞を受賞した永遠の青春小説。

*感想*
私には本書の面白さは理解できなかったわ…。きっとそれは、私の高校生時代と登場人物達の心理描写が、かけ離れてしまっていたからだと思う。私は貴子や融の様に複雑な家庭環境で育っていないし、そして貴子たちの様に「言いたい事があるのに言えない」性格ではなかったと思うから。私が貴子だったら確実に融に対していろいろ発言をしたと思うの。例えば「今のこの状況になったのは私自身が原因なのではないのだから、私に対してそういう不快な態度を表すのはおかしいんじゃない?」とかね。まぁ、そうやって物事をハッキリ言えない登場人物達だからこそ、『青春小説!』として本書の人気があるのかもしれないですが。しかし私にとっては苛々させられる話だったわ。特に貴子の“賭け”ってやつが…。人生は自分で切り開いていくものだと私は思っているので、貴子の“賭け”に頼る話の展開には呆れたというか辟易。その賭けが成功しなくて、そのまま次の行動に移さなかった時にあなたは後悔しないの!!??と激しく問いかけたかった。

もっと「青春」「フィクション」と割り切って読めば良かったのだろうけど、私にはそれができなくてね…。正直、本書中に出てくる登場人物達の言動は大人が勝手に描いている「高校生の理想像」だと思います。「妊娠してしまった女子高校生」という、ちょっと現実っぽい設定もチラっとは出てくるけれど、心理描写が入る中心核の登場人物達は基本的に真っ直ぐで無垢な感じで、かなり違和感を感じました。高校生だって、もっといろいろ考えたり、そしてもっと打算的なところだってあるはずだと。

こんな感想しか本書に対して抱けない私は、ちょっと心が荒んでるのかなぁ…。
私がもう少し純粋な心を持った高校生だったならば、本書を楽しめたのだろうか…?

本書を楽しんだ!本書が好きだ!という方、是非お友達になってください。


  ├ 恩田陸 -
スポンサーサイト


- -
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
Category
Profile
Archives
Comment
Search
Mobile
qrcode
Sponsored Links