読書が大好きな主婦の読書記録です☆
年間100作品読破を目指して日々読書に明け暮れ、本を通して感じた事や感動を忘れたくないので、記録として綴っています(*^。^*)
<< 雫井脩介 『犯人に告ぐ』 main 佐藤多佳子 『サマータイム』 >>
乙一 『死にぞこないの青』



★☆☆☆☆

*あらすじ*(「BOOK」データベースより引用)
飼育係になりたいがために嘘をついてしまったマサオは、大好きだった羽田先生から嫌われてしまう。先生は、他の誰かが宿題を忘れてきたり授業中騒いでいても、全部マサオのせいにするようになった。クラスメイトまでもがマサオいじめに興じるある日、彼の前に「死にぞこない」の男の子が現れた。ホラー界の俊英が放つ、書き下ろし長編小説。

*感想*
読んでいて非常に気分が悪くなりました。羽田先生によるマサオへの理不尽ないじめに腹が立つし、途中から登場してくる「アオ」という青い顔の少年の描写もグロテスクだし、とにかく気持ちが悪かったです。本当に読んでいて不快だったので、途中で読むのを止めようかと思ったのですが、「そこまで読者を不快にできる文章っていうのも凄いことなのかもしれない」と考え方を変え、どうにか最後まで読みきりました。

読みきった感想を一言でいうと、「全く私の好みではない」です。
この物語を通して、人の心にある『明』と『暗』を表現したかったように思えますが、はたして本作品の様な設定と表現で表すのがベストな形だったのだろうか?このグロテスクな世界が乙一ならではの世界観だというのも分かってはいるつもりなのですが、私には全く受け入れられない文章とストーリーでした。

乙一の作風は、「失はれる物語」「暗いところで待ち合わせ」などの切ない系と、「GOTH」や本書などのグロテスク系に分ける事ができると思います。私は前者の切ない系は大好きなのだけれど、後者のグロテスク系は大嫌いで、今乙一の次作品が楽しみなようで、楽しみではない複雑な心境です…。結局は乙一作品を読み続けるとは思いますが…。


  ├ 乙一 -
スポンサーサイト


- -
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< January 2020 >>
Category
Profile
Archives
Comment
Search
Mobile
qrcode
Sponsored Links