読書が大好きな主婦の読書記録です☆
年間100作品読破を目指して日々読書に明け暮れ、本を通して感じた事や感動を忘れたくないので、記録として綴っています(*^。^*)
<< 乙一 『石ノ目』 main 雫井脩介 『犯人に告ぐ』 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています



- -
東野圭吾 『名探偵の掟』


★★☆☆☆

*あらすじ*(「BOOK」データベースより引用)
完全密室、時刻表トリック、バラバラ死体に童謡殺人。フーダニットからハウダニットまで、12の難事件に挑む名探偵・天下一大五郎。すべてのトリックを鮮やかに解き明かした名探偵が辿り着いた、恐るべき「ミステリ界の謎」とは?本格推理の様々な“お約束”を破った、業界騒然・話題満載の痛快傑作ミステリ。

*感想*
今回初めて東野作品で2つ星を付けさせてもらいました…
毎度“ハズレのない作家”として、私の中で東野さんは非常に高い評価をさせてもらっていたのですが、今回のこの作品だけは楽しめなかったのです…。

本書はミステリー小説のいろいろなネタや裏話を、小説内で脇役に徹する警部の視点から面白おかしく描いているのですが、「あーわかる、わかる。ミステリー小説でそういう手法や設定を使うよね。うんうん。」程度にしか私は楽しなかったんです。確かに本書中で著者が指摘しているミステリー小説の腑に落ちない点にはかなり共感できるのですがね。。。
強く共感した部分は
・ 物語内で読者が犯人当てをするのには、ヒントが少なく基本的に無理がある。アンフェア。
・ 雪山の別荘での密室殺人事件とか、童謡になぞられて起こる殺人事件など非現実な設定が普通に出てくる。
・ 物語内でいかにも犯人かと思われる怪しい人物は、話をミスリードさせるための役で結局犯人ではないのが定番。
などなど…。

斬新な内容で、ミステリー作家を目指す人には良いバイブルになるかもしれないですが、一般読者の私には、読了するのが正直辛かったほど、単調な作品に感じてしまいました…。


  ├ 東野圭吾 -
スポンサーサイト


- -
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>
Category
Profile
Archives
Comment
Search
Mobile
qrcode
Sponsored Links