読書が大好きな主婦の読書記録です☆
年間100作品読破を目指して日々読書に明け暮れ、本を通して感じた事や感動を忘れたくないので、記録として綴っています(*^。^*)
<< 桐野夏生 『白蛇教異端審問』 main 東野圭吾 『ダイイング・アイ』 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています



- -
垣根涼介 『ヒート・アイランド』



★★★★☆

*あらすじ*
渋谷でファイトパーティーを開き、ストリートギャング達を統括するグループ“雅”。 “雅”の頭であるアキは、突如仲間が持ち帰ってきた大金を見て驚愕する。それはヤクザが経営する非合法カジノから、裏金強奪のプロフェッショナルの男たちが強奪した金だった。

裏金強奪のプロ達は、大金を奪い戻そうとアキを捜し
やくざ達は、カジノを襲撃した犯人と大金の行方を捜し
そしてアキは、「この大金を狙っている誰か」を捜し

やがてこの3つの線が交わってゆく。
最後に大金を手にする者は一体誰なのか?

*感想*
ケンカ・バイク・車・ギャンブル、そして登場人物は皆男性。ということで『男くさい』作品でした。
しかし!!これが女性の私にもすっご〜〜〜く面白かったんですd(≧▽≦*)!!
登場人物のキャラクター設定とストーリーがしっかりまとまっていて、いろいろな登場人物の視点から描いた文章で場面が交錯する時にも、一切の矛盾と破綻がなく読んでいて楽しかったし、爽快感がありました。

渋谷のストリートギャングが登場するとあらすじで知った時に「ガキっぽい」「安っぽい」イメージが浮かんだのだけれど、アキとその相棒“カオル”が理性的な役柄だったおかげで、すんなりとストーリーに没頭できて良かったです。渋谷で“雅”が開いているファイトパーティーの設定も斬新だったと思うし、大金と運が悪ければ命までも奪われる危険のあるやくざたちとの攻防は、頭脳戦・心理戦・銃撃戦ともつれ込み終盤になるにつれてヒートアップし、読んでいてハラハラドキドキしっぱなしでした。
そんな熱い話の結末は、きっと誰もが納得の内容だったのではないでしょうか。面白かったわー。


  ├ 垣根涼介 -
スポンサーサイト


- -
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>
Category
Profile
Archives
Comment
Search
Mobile
qrcode
Sponsored Links