読書が大好きな主婦の読書記録です☆
年間100作品読破を目指して日々読書に明け暮れ、本を通して感じた事や感動を忘れたくないので、記録として綴っています(*^。^*)
<< 東野圭吾 『探偵ガリレオ』 main 東野圭吾 『分身』 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています



- -
東野圭吾 『むかし僕が死んだ家』


★★★☆☆

*あらすじ*(「BOOK」データベースより引用)
「あたしには幼い頃の思い出が全然ないの」。7年前に別れた恋人・沙也加の記憶を取り戻すため、私は彼女と「幻の家」を訪れた。それは、めったに人が来ることのない山の中にひっそりと立つ異国調の白い小さな家だった。そこで二人を待ちうける恐るべき真実とは…。

*感想*
一軒のある家が舞台になっている話なのですが、非常に分かりやすい場面描写で、すぐに私の頭の中には1軒の不気味な家が作り上げられました。作家によっては、家の間取りや物の配置を想像するのに苦労させられることもしばしあるのですが、東野さんの場合は場面の展開も上手なのでサラサラ〜と簡単に頭の中に情景を思い浮べる事ができてしまいます。本当にこの方の文章力は凄い。

ストーリーは伏線が多々張られていて面白かったです。見事に私も騙されました。ありきたりな言葉でいうなら「“まさか”の展開」ってやつでしょうか。本当にその“まさか”だったので、終盤部分は二度読んでしまいました。

単なる殺人事件の話よりも、断然不気味だし驚かされます。これこそ真のミステリーでしょう。


  ├ 東野圭吾 -
スポンサーサイト


- -
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>
Category
Profile
Archives
Comment
Search
Mobile
qrcode
Sponsored Links