読書が大好きな主婦の読書記録です☆
年間100作品読破を目指して日々読書に明け暮れ、本を通して感じた事や感動を忘れたくないので、記録として綴っています(*^。^*)
<< 東野圭吾 『殺人の門』 main 東野圭吾 『むかし僕が死んだ家』 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています



- -
東野圭吾 『探偵ガリレオ』


★★★★☆

*あらすじ*(「BOOK」データベースより引用)
突然、燃え上がった若者の頭、心臓だけ腐った男の死体、池に浮んだデスマスク、幽体離脱した少年…警視庁捜査一課の草薙俊平が、説明のつかない難事件にぶつかったとき、必ず訪ねる友人がいる。帝都大学理工学部物理学科助教授・湯川学。常識を超えた謎に天才科学者が挑む、連作ミステリーのシリーズ第一作。

*感想*
大絶賛だった「容疑者Xの献身」にも登場する湯川学シリーズの第一弾です。湯川助教授を既に知っていたおかげで、本作品の世界にもすぐ入ることができました。

5編からなる短編集で、それぞれに奇怪な殺人事件が起こるのですが、それをちゃんと科学的・物理的に湯川助教授が解明してくれて、読み応えは十分&爽快でした。湯川氏の相方ともいえる草薙刑事が我々読者と同じ視点で質問をしてくれたり、まぁつまり『理系オンチ振り』を発揮してくれて親近感を持って種明かしに臨めてとても良かったです。

トリックがしっかり濃いのも楽しいのですが、本書の楽しみはもう一つ!湯川助教授と草薙刑事の絶妙な間を持った会話のやり取りでしょう。湯川氏が理系オンチの草薙刑事をからかうシーンが面白いです。淡々とからかう湯川氏と、それに狼狽する草薙刑事の姿がかなり目に浮かびました。
他の湯川シリーズも早く読むぞぉ〜♪


  ├ 東野圭吾 -
スポンサーサイト


- -
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
Category
Profile
Archives
Comment
Search
Mobile
qrcode
Sponsored Links