読書が大好きな主婦の読書記録です☆
年間100作品読破を目指して日々読書に明け暮れ、本を通して感じた事や感動を忘れたくないので、記録として綴っています(*^。^*)
<< 吉田修一 『最後の息子』 main 東野圭吾 『探偵ガリレオ』 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています



- -
東野圭吾 『殺人の門』



★★★☆☆

*あらすじ*
「倉持修を殺そう」
田島和幸は小学生の時から倉持修を殺す機会を窺ってきた。和幸が幸せをつかもうとする度に姿を表し、和幸を不幸に貶める倉持。和幸は自分を不幸にし、そして数多くの人間を不幸にしてきた倉持を憎んでいた。しかし和幸には倉持を殺す事ができない…。和幸には殺人者になるための何かが欠けていたのだ。 人が人を殺すということは如何なることなのか? 和幸は「殺人の門」をくぐり、殺人者になってしまうのだろうか?

*感想*
ストーリーの系統としては「白夜行」「幻夜」と同類だと思います。読めど読めど主人公の不幸なエピソードは続き、それらは読者を暗い気持ちにさせたり、苛々させたりするのですが、決して途中で読むことを止めることができません。きっとそれは「他人の不幸は蜜の味」であるのかもしれないし、ただ単に結末が気になったからかもしれない。

著者としては 「はやく殺っちゃえよ!!」と、読者に思わせたいと、あるコメントに書かれていたのですが、私としては倉持修のズル賢さに感心を寄せていたので 「和幸よ、まだ倉持を殺すなよ。奴が次にどんな罠をしかけてくるのか見せてくれ!」 とワクワクしていました。倉持のペテン振りは本当に見事でした。そして和幸のバカっぷりも見事でした。何度騙されてもまた倉持を信用してしまう和幸って奴は。。。どうしようもないですね。かくいう私も、中盤では「本当は倉持が言っている事が真実なのでは…?」と思い込まされてしまうのですが。読者にそこまで思わせる著者の文章力は本当に素晴らしいと思います。

*** ここからネタバレです ***
最後の一文↓(反転してください)
「おれは殺人の門を越えたのだろうか−。」

超えたのか、超えなかったのか、読者によって見解が分かれると思いますが、私としては「超えなかった」と思いました。
刑事は和幸に「あなたが殺人を犯すには、何らかの引き金が必要なのかもしれない」と言っていたのですが、そんな引き金は過去に何度もあったと思うのです。何度も何度も貶められていたのだから。それなのに未だに倉持を殺せないのは、結局和幸には「殺人は如何なる時にも大罪である」という理性があったからだと思う。だから最後に和幸が倉持の首を絞めた時も、とどめは刺せてないのではないかと思います。それは和幸に犯罪者になってほしくないという私の願望も含んでいるのですが。

和幸に平穏な幸せが訪れます様に…。


  ├ 東野圭吾 -
スポンサーサイト


- -
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>
Category
Profile
Archives
Comment
Search
Mobile
qrcode
Sponsored Links