読書が大好きな主婦の読書記録です☆
年間100作品読破を目指して日々読書に明け暮れ、本を通して感じた事や感動を忘れたくないので、記録として綴っています(*^。^*)
辻村深月 『かがみの孤城』

 

*あらすじ*!

あなたを、助けたい。
学校での居場所をなくし、閉じこもっていたこころの目の前で、ある日突然部屋の鏡が光り始めた。輝く鏡をくぐり抜けた先にあったのは、城のような不思議な建物。そこにはちょうどこころと似た境遇の7人が集められていた――
なぜこの7人が、なぜこの場所に。すべてが明らかになるとき、驚きとともに大きな感動に包まれる。
生きづらさを感じているすべての人に贈る物語。一気読み必至の著者最高傑作。

 

*感想*

今、売れに売れている作品『かがみの孤城』を読んでみましたよ〜〜ヾ(*´∀`*)

 

近年、本屋大賞の選考に疑問があがることもあったようですが… 本書は純粋に良い作品で、そして面白く、読後に多くの方に読まれると良いなと願った作品なので、本屋大賞受賞をうなずけました♪♪

 

本書は、中学校に通えていない7人の生徒が、かがみの世界の孤城で共に過ごす… という物語でした。

なぜその7人が孤城に集められたのか?学校に行けないままでこの7人はどうなるのか?孤城の主と思われる、オオカミのマスクを被った少女の正体は誰なのか?と色々な疑問が湧き、主人公のこころの行く末も気になって仕方がなかったので、かなり一気読みで読み終えました。

 

物語のクライマックスに入るまでは、主人公のこころがどういう風に学校でいじめられたのかと、孤城内での7人間での人間関係トラブルなどが綴られるので、結局この物語はどこへ向かっているのか(いじめは可哀想ですよの小説なのか?)と、行く先をちょっと心配してしまいました。でもそれを飽きずに読めたのは、ふとした瞬間に「いじめられている中学生の心情」を上手く読者に伝えてくる辻村さんの筆力や技のおかげだったと思います。

例えば、こころの所にフリースクールの喜多嶋先生が来てくれて、こころは洗いざらい自分がされた事を話してしまいたいはずなのに、話せない場面で

 

P210より抜粋

そんなに知ってほしいなら口にすればいいと思うのに、それでもなお、言葉は続きが出てこなかった。この先生なら、きっとちゃんと聞いてくれる、と思えるのに。

大人だからだ、と思う。

だから、言えない。

 

この数行に、現実の世界でも自死を選んでしまう若者たちの気持ちを垣間見た気がしたし、著者が完全に主人公たちの視点でこの物語を綴っているのがわかって、このページ以降はさらに本書への信頼感が増して、この世界に浸りながら読み進めることができました。

 

そしてラストには、オオカミのマスクを被った少女の正体もわかるのですが… これはファンタジー作品が苦手な私でも感動するラストでした(;_:)

なんというか、ただの「なんでもアリの世界」のファンタジーではなくて、「ファンタジーという手法を使ってでも、読者に伝えたい事がある」と感じたのですよね。

その最もなる一文が最後の

『大丈夫だから、大人になって』

でした。

本書では終始一貫して『もっと強くなって』という言葉は使われず、それどころか、『これまで充分闘ってきたように見えるし、今も、がんばって闘ってるように見えるよ』と言ってくれるのです

この言葉こそ、今この瞬間に悩みを抱えている人にかけてあげる言葉なんでしょうね

 

子どもにとっては「学校が世界の全て」になりがちで、そこでのトラブルは深刻だと思います。でも社会人になったらもっと人間関係も選べるようになるから、とにかく『大人になって!大丈夫だから!』と子供たち全員に伝えたいですね。本書を読んで強くそう思うようになりました。

 

本書は忘れてしまっていた中学生の感覚を良い意味で思い出させてくれ、そうやって悩む学生がいたときに大人がしてあげられる事も教えてくれたと思います。

 

はぁ〜〜 本当に良い作品でした!!

生きたいのに生きれなかったオオカミ少女のような子の存在も私たちは胸に留めて、生きれる人はその寿命を全うしようね!!

 



  ├ 辻村深月 -
辻村深月 『鍵のない夢を見る』

 

*あらすじ*

望むことは、罪なのか!? ふとしたきっかけで悲劇は訪れ、いつの間にか犯罪者になるかもしれない。現代の地方都市の閉塞感を背景に、ささやかな欲望と闘うありふれた人々が奈落に転がり落ちていくさまを描く。

147回直木賞受賞作

 

*感想*

過去に、恋に、結婚に、育児に、そして未来に悩む女性たちの生き方を描いた短編集でした。

 

5編からなる短編集でした。 前半2編は自分のプライドと正義感を他人に侵食されるような、変なモヤモヤ感を抱かされる精神的な罪深さがある物語で、3話目からの後半3編は殺人や誘拐という、もっと分かり易い完全な「罪」を含みつつも、そこに達するまでの心情描写がある丁寧な作品で、面白かったですぴかぴかぴかぴか

 

今回は、私が一番面白いと思った、4話目の『芹葉大学の夢と殺人』について感想を書かせてもらいますねラッキー

この話のあらすじは、

大学在学中、将来の夢を追いかけている真っただ中に、出会い交際を始めた未玖と雄大だったが、徐々に未玖は現実を見始め「夢を現実的に追いかける」という名目で教師となった。一方、雄大は大学をいつまでも卒業できないまま、それでも大きな将来の夢を見ていて、挙句に殺人の容疑で指名手配されて身勝手に未玖を頼ってくる。その時に未玖が下した決断とは…

というものでした。

 

いつまでも夢を諦めきれない雄大もバカだし、そんなバカな雄大を見捨てきれない未玖もバカだし、読んでいて「バカ!バカ!モゴモゴ」と思わされるものの、夢を見ることの純粋さや、心の強さにもなんだか感動させられてしまった作品でしたポロリ

その感動した一節がこちら

 

夢見る力は、才能なのだ。

夢を見るのは、無条件に正しさを信じることができる者だけに許された特権だ。疑いなく、正しさを信じること。その正しさを自分に強いることだ。

それは水槽の中でしか生きられない、観賞魚のような生き方だ。だけどもう、私にはきれいな水を望むことができない。これから先に手に入れる水はきっと、どんなに微量であっても泥を含んでいる気がした。

 

 

ううう… だから未玖は、生徒である男子高校生に告白されても、鈍感な振りをしてフってしまったのね… と納得しました。。。

大人になるって、どんな場所でも生きていけるような雑食動物になるような面もあるからね…ポロリ

 

危険危険ここからネタバレがあります↓

 

そしてそして、いつまでも都合よく未玖を頼ってくるわりには、なんの甲斐性も男気もなく、夢の世界で生き続けようとする雄大に、最後に未玖が「唯一無二の女」になるべく取った行動が過激で度肝を抜かれました。それは、一人殺害したくらいでは死刑にならないと言う雄大を死刑にさせるべく、未玖自身も雄大に殺されたように見せかける形で自殺するという… それこそ夢を見ているような展開でした。 しかし、私はこの結末を夢のようにすぐに忘れたりはせず、きっと一生覚えていると思います。そう言い切れるくらいに、面白かったし、衝撃的でした爆弾

 

本書の5編を通して「夢」ってなんだろう? ということを考えさせられました。大人は子どもに当たり前のように「将来の夢はなに?」なんて聞いたりするけれど、就職活動をする頃になると「もっと現実をみろ」と言い始める。子どもの頃の「夢」と「正義」を平気で捨てさせようとする。そして、自分で決断を下し、進んで得た仕事や家庭や子どもであっても、仕事に嫌気が指したり、育児ノイローゼにもなったりもする。

そんな人間の弱さや矛盾を描いた本書は、文学的にも素晴らしい作品だったと思いますぴかぴかぴかぴか

 

是非読んでみてくださいね〜〜ラブるんるん

 



  ├ 辻村深月 -
辻村深月 『朝が来る』


*あらすじ*
「子どもを、返してほしいんです」親子三人で穏やかに暮らす栗原家に、ある朝かかってきた一本の電話。電話口の女が口にした「片倉ひかり」は、だが、確かに息子の産みの母の名だった…。子を産めなかった者、子を手放さなければならなかった者、両者の葛藤と人生を丹念に描いた、感動長篇。

*感想*
うううう…ポロリポロリポロリ
面白かったし感動したし切なかったしで、またもや号泣しまくってしまいました…泣き顔
最近本を読んでは泣いてばかりいるのは、私が歳を取ったせいかしら…唖然
もしかしたらそれ(加齢)なのかもしれないけれど、でもやっぱり本書の登場人物達の繊細な心情描写が素晴らしすぎて、幾度となく泣いてしまいました。
ドラマ化されたのもうなずける傑作です!!

本書は、中学生で妊娠出産を経て赤ちゃんを養子に出した女性「片倉ひかり」と、不妊により赤ちゃんを授かることができず養子をもらった女性「栗原佐都子」、2人の女性の人生が綿密に描かれています。
その2人の間で赤ちゃん(朝斗)の引き渡しがされるまでの経緯も壮絶なのですが、その後のひかりの自分の居場所のない生活や、栗原家での朝斗を実子同様に愛し育てているエピソードが胸を打つものばかりで、「子供を愛するということ」「家族のありかた」そして「血」について深く考えさせられ、私自身も深く反省もしましたがく〜

養子である朝斗を育てる佐都子は「血」という繋がりが朝斗とない分、すっごく「心」で繋がっているのに対し、実の親と全く解かり合えないひかり… ひかりの家族不信に陥るエピソードで一番強烈だったのは、ひかりが若くして妊娠したことを親戚に話してしまう母親と、それを軽々しく「大変だったな」と叔父が声をかけてきた所でした。
たとえ血縁者でも言っていいこと、やっていいことの分別は必要だし、それがあってこそ一緒に暮して行けるってものなのに…
ひかりのは極端な例に近いけれど、私が感情的に子供を叱ってしまうのもそれと同様なのではないかと思いました。子供が私(母親)を許さないはずがないというおごりね… これからは血のつながりに甘えきらない育児を私はしていきたいと思いました。

本書はとにかく丁寧に丁寧にそして綿密に物語が紡がれていきます。佐都子の気持ちも、ひかりの気持ちも、そして養子制度に詳しくない読者の心も決して置いてきぼりにすることなく、一歩一歩確かな歩みを進めていく様に物語が進んでいくので、読み心地がとても良かったですぴかぴか

ミステリー作品ではないのだけれど、環境も年齢も全く違う2人の女性(佐都子とひかり)が朝斗という赤ちゃんを通して結ばれた瞬間に、まるでミステリーの時に感じる「点と点が繋がった」というような感覚に陥り、物語を気持ち良く読み終えることができた作品でした。

ひかりちゃん、
ひかりが佐都子夫婦に朝を運んできてくれた様に、今度は佐都子夫婦がひかりに朝を運んできてくれるよ!だからひかりちゃん…もうちょっとだけ人生頑張ってみよう、ねっ!

フィクションだとわかっていてもひかりにエールを送りたくなってしまいます。。。
それほどに面白い本だから、是非皆さまも読んでみてくださーい!ラブ
ラブラブ


  ├ 辻村深月 -
辻村深月 『ふちなしのかがみ』


*あらすじ*
この学校の花子さんは、音楽室から飛び降り自殺した少女の霊です。花子さんは階段に棲んでいて、一生懸命掃除すれば会うことができます。でも、彼女がくれる食べ物や飲み物を口にしてはいけません。嘘をついてもいけません。さもないと―。おまじないや占い、夢中で話した「学校の七不思議」、おそるおそる試した「コックリさん」。青春ミステリの旗手・辻村深月の新境地。懐かしくって怖い現代の怪談が、ついに文庫化。

*感想*
先日読んだ、沼田まほかる『痺れる』に引き続き、本書もホラーミステリー作品でした。寒い季節にも関わらず、ゾクゾクする作品を立て続けに読んでしまい、背筋が冷えたわ〜おばけ

まほかるさんの『痺れる』は人物描写による恐怖を感じたのですが、本書は幽霊やこっくりさんなどの、幽霊的なものが深く関わるホラーです。しかしただの心霊ホラーではなく、そこに人間の幻想・想像・妄想・願望などを交錯させ、そのうちに読者にも何が現実で真実かわからなくなってしまうという、良い意味で翻弄させられる良作でしたグッド

どの話も面白かったのですが、あえてここで一話に感想を書くならばラストの『八月の天変地異』かな。子供の残酷なところや浅はかなところなどの、小学生の心理描写は秀逸だし、そしてラストが切ないけれど腑に落ちるスッキリしたもので良かったです。この短編だけを読んだならば「道尾秀介作品ですか!?」と間違えてしまうテイスト&カラーかもね(昆虫が絡む所と切なさの演出を考えると)。シンジとキョウスケには一生の友達になってほしいですね〜わーい

あと、『おとうさん、したいがあるよ』は正直ラストの意味が理解できなかったのだけれど、文章の間合いやセリフが独特で私のツボにはまった作品でした桜
辻村さんも幅広い作風を書ける方なんですね〜ぴかぴか


  ├ 辻村深月 -
辻村深月 『鍵のない夢を見る』

*あらすじ*
普通の町に生きる、ありふれた人々がふと魔が差す瞬間、転がり落ちる奈落を見事にとらえる5篇。
現代の地方の姿を鋭く衝く短篇集
『仁志野町の泥棒』転校してきた少女の母親は泥棒だった…
『石蕗南地区の放火』火事の現場検証に赴いた笙子はそこで昔合コンを通じて知り合った男と再会し…
『美弥谷団地の逃亡者』男と海に来た美衣は、男に昔の話をするのだが…
『芹葉大学の夢と殺人』殺人容疑者と報道されたのは元交際相手の男だった…
『君本家の誘拐』ショッピングセンターで10か月の娘を乗せたベビーカーが行方不明になり…

*感想*
第147回直木賞受賞作品です祝 短編集でも直木賞って受賞できるものだと初めてしりました! というか、短編という短い作品中でも人間描写が濃く描かれていて、受賞は至極真っ当といえる面白さでした。久々に面白い作品に出会えて、読んでいて幸せな気持ちになったよ〜ラブ(内容は決してハッピーな話ではないのですがね)ありがとう辻村さん

5編とも主人公は、どこにでもいるような普通の女性たちです。その平凡だと思われた彼女たちの人生が転落していってしまう様子を各話見事に捕え、着目点が良いな〜上向きと思わされるのですが、本書の一番の凄さは「書きすぎないところ」だと私は思いました。
例を挙げると
『石蕗南地区の放火』の主人公が言い寄ってくる男に迷惑しつつも「男が自分を慕っている度合」を後輩にちょっと仄めかしてしまった後悔とか
『芹葉大学の夢と殺人』の壮大な夢を本気で追いかけているイタイ彼氏に最後に彼女が彼に与えた復讐?呪縛?の瞬間の気持ちとか
女性達の芯の強さと狡猾さを完璧に描写しつつも、そこに少し「のりしろ」的な含みを持たせているので、読後に彼女たちの心情が読者の方で少し想像せざる負えない終わり方をしているのですよね。

単純な様で、複雑な心情が含まれている短編で非常に楽しめましたラブラブ
ブラボー!!


  ├ 辻村深月 -
辻村深月 『ツナグ』

*あらすじ*
突然死したアイドルに。癌で逝った母に。喧嘩したまま亡くなった親友に。失踪した婚約者に。死者との再会を望むなんて、生者の傲慢かもしれない。間違いかもしれない。でも―喪ったものを取り戻し、生きるために会いにいく。―4つの再会が繋いだ、ある真実。新たな一歩を踏み出す連作長編小説。


*感想*
「死んだ人間と生きている人間を会わせる窓口」それが『使者(ツナグ)』。
本書には、『ツナグ』によって再会を果たす5組の生死者達の物語が描かれているのですが、ラスト1編は『ツナグ』を主人公に、使者側からの視点で本書を総括する内容になっていて、面白かったです

生きている人が、死んだ人間とほんの一時だけ再会できるというストーリーなだけあって、全話少々切ない物語になっています。その中でも私にとって特に一番切なかったのは、ラストの『ツナグ』を主人公にした話でした
一見ただのビジネス的な役割に見えるツナグだったが、実際には依頼者達の悲痛な願いを目の当たりにして、自身も共に苦しんだり悩んだりしてしまう大変な役割だということが、この編で非常によく伝わってきました。そして『ツナグ(歩美)』の両親の死の秘密と、使者の継承に込められた親達の願いは想像を超えるもので、ある意味感動しました。まさしく「特殊な能力というものは、人を幸せにもそして不幸にもする」というセオリーがよく表れていたね

もしも今私が『ツナグ』へ通じる電話番号を手に入れもまだ使えないと思います。
そしてこの先かけがえのない大切な人を失った時に、間違いなく本書を思い出すだろうな。




  ├ 辻村深月 -
辻村深月 『ゼロ、ハチ、ゼロ、ナナ。』


*あらすじ*
“30歳”という岐路の年齢に立つ、かつて幼馴染だった二人の女性。都会でフリーライターとして活躍しながら幸せな結婚生活をも手に入れたみずほと、地元企業で契約社員として勤め、両親と暮らす未婚のOLチエミ。少しずつ隔たってきた互いの人生が、重なることはもうないと思っていた。あの“殺人事件”が起こるまでは…。辻村深月が29歳の“いま”だからこそ描く、感動の長編書き下ろし。
第142回直木三十五賞候補及び第31回吉川英治文学新人賞候補作品。


*感想*
最近まで著者の事を「つじむらしんげつ」さんと私は呼んでいました よって性別は男性かとも思っていました 実際は私よりも年下の女性で「みづき」さんだったのですね 大変失礼致しましたm(_ _)m


呼び方は間違っていたものの、著者の作品は昔から気になっていたんです。そしていろいろな本のあらすじを読み比べ、本書なら感情移入しやすいのではと思い、めでたく本書にて深月さんデビューを果たしました〜


本書は、東京でフリーライターとして活躍する女性(みずほ)が、かつての幼馴染(チエミ)が容疑者として挙がっている殺人事件を追うという物語です。
メインは“みずほがチエミと親しかった人々に、事件を起こす直前のチエミの様子を聞いて歩く”というものなのですが、本書の中盤まではチエミの素顔や本性があまり衝撃的に語られる事がなくて、読んでいてあまり面白く感じませんでした この“容疑者周辺の人々へのインタビュー、または群像劇スタイル”の文芸書は数多くあると思うのですが、私が読んだ中で傑作だと思ったのは、いまや超有名話題作となった吉田修一の「悪人」なんですよね。あと湊かなえの「夜行観覧車」も良かったですね。既読の似たようなスタイルの本と比べてしまうのも申し訳ないのですが、本書には殺人事件に対する緊迫感が感じられなかったし、みずほがチエミの行方を知りたいと願う切実さも感じられなかったです。
そして事件の真相を追うとともに「女 vs. 女」の物語が平行して描かれるのですが、こちらも深みを感じられず「女ってそんなものでしょ」と私の心の中で呟いて消化されてしまいました。女って他人を干渉したがったり、計算高くて、そして同性をどこかしら「敵」とも思ってるもんですよ


ドロドロ系の重い話が好きな私には少し本書は軽すぎたみたいですが、文章は読みやすくてサラサラ〜と読めたので、今後も辻村作品を挑戦していきたいと思います


 



  ├ 辻村深月 -
1/1PAGES
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
Category
Profile
Archives
Comment
Search
Mobile
qrcode
Sponsored Links