読書が大好きな主婦の読書記録です☆
年間100作品読破を目指して日々読書に明け暮れ、本を通して感じた事や感動を忘れたくないので、記録として綴っています(*^。^*)
桂望実 『ワクチンX -性格変更、承ります。-』


*あらすじ*
仕事の成功、円満な家庭―ただ、幸せになりたいだけだった。加藤翔子は、20年前にワクチン製造会社・ブリッジを起こし、会社は大きな成長を遂げた。ブリッジが製造する“ワクチン”は、「人生を変えたい」と願う人間にとって必需品だったが、ある日突然、原材料が死に始める。原因は不明。ワクチンの効果は20年で切れるため、このままだと接種者がパニックに陥る可能性がある。だれよりもそれを恐れたのは、ワクチン接種第一号である翔子だった…。成功とは何か、幸福とは何か価値観をゆさぶる感動傑作。

*感想*
みなさんは自分の性格を変えたいと思ったことはありますか!?

本書は、性格補強材というワクチンを自分好みに配合・接種することにより、それまでの自分とは違う性格で20年間生きられるのだが… というお話でした。

ちなみにその選べるワクチンの種類はこちら
「工夫力」「発想力」「配慮力」「協調力」「落ち着き」「活力」「挑戦力」「機動力」「応用力」「粘り強さ」「柔軟性」「責任感」「感受性」「優しさ」「瞬発力」「心の強さ」「自己肯定力」「鈍感力」「冷静力」「決断力」

こんな多種の中から、自分の性格に足りないものやもっと顕著にさせたい性格ワクチンを接種したら、さぞかし理想の自分に変われ、そして理想の人生を送れるようになるものだろうとも思うのですが… 本書を読み進めていくうちに、『理想の性格になること=幸せ』だとは限らないのではないか?と考えさせられる展開になっていて、最初は「私も接種してみたいな〜♪」と前向きにワクチン接種を捉えていた私には、興味深く読めた素晴らしいエンタメ作品でした桜 また、ワクチンを接種したことにより「冷静力」が補強されて犯罪に手を染めた、なんてエピソードも、現実にワクチンが世の中に出回った時に起こりそうなエピソードで、リアル感が増して良かったですイケテル

性格変更することへのメリット・デメリット、そしてワクチンの原材料が死滅してしまったことによる会社存続の危機をどう乗り切るのか?という二重に面白いテーマで描かれているので、常にワクワクドキドキしていられる作品になっています。是非とも読んでみてくださいラブ


  ├ 桂望実 -
桂望実 『エデンの果ての家』


*あらすじ*
母が殺された――その悲しみの葬儀の席で逮捕連行されたのは、弟だった。
大企業勤務のエリートサラリーマンの父、良妻賢母を絵にかいたような料理上手の母、幼いころから両親の期待を一身に背負い、溺愛されてきた弟、そして彼らのなかで、ひとり除けものであるかのように成長した主人公、葉山和弘。
遺棄死体となって発見された母親の被疑者が弟であったことで、父親は半狂乱になって弟の無実を証明しようとするのだが――。

*感想*
弟が母親の殺害容疑で逮捕され、被害者の遺族であり、加害者の身内となってしまった和弘。父親は絶対に冤罪だと訴え、一緒に検察側と戦うように和弘に迫るのだが、長年に渡る両親と弟への不信感で、素直に全身全霊で弟が無実だと信じられない和弘だった…
という家族小説。

273ページという短い本書なのですが、家族には見せない別の顔がそれぞれの人生にあるということや、家族だからこそ言葉で愛を確認せずに勘違いや思い違いもしていることがある。という『個』と『家族』というのをとても考えさせられた作品でした。今、2児の母という立場で家庭運営する身としては、なかなか興味深かったですぴかぴか

弟の裁判を通して和弘と読者が学んだこと、それは
『本当に弟は無実なのだ』ということではなく、
『弟の無実を信じ、一緒に戦う』
そして『弟が過ちを犯したとしても、家族として一緒にその過ちを認め、償い、そしてそんな弟を受け入れる』
ということだったのですね。

盆栽という身近にないアイテムが重要ポジションで登場してきますが、その盆栽の育て方と会社経営を上手く父親との確執の表現に使っていて読み易かったし、本書に厚みと深みを出していて良かったですわーい

裁判モノではなく、家族小説だと思って是非本書読んでみてくださいねぴかぴか


  ├ 桂望実 -
桂望実 『嫌な女』


*あらすじ*
生来の詐欺師・夏子は男をその気にさせる天才。口癖は「これで終わるような女じゃない」。 がむしゃらに勉強だけをして弁護士となった徹子は、いつも虚しさを感じている。同い年で遠戚、たびたび夏子のトラブルの始末をさせられる徹子。対照的な二人の女性の人生を鮮やかに描き出し、豊かな感動をよぶ傑作長編。

*感想*
「嫌な女」を描いている物語なのに、中盤からその女の生き様や行動に良い意味で考えさせられ、最後は感動する秀作でした桜

物語は、人とコミュニケーションを取ることを不得意とする女弁護士:徹子が、遠戚にあたる夏子の詐欺トラブルの始末をしてゆく… というものでした。
夏子は子供の頃から自由奔放な女王様で、平気で詐欺トラブルを起こすし、最初は読んでいて腹が立つ存在でした。しかし何十年にも及ぶ夏子の人生とトラブルを、徹子の視点を通して読んでいくうちに、夏子がしていることが完全に「悪」とは思えなくなります。それは夏子が「自分の人生のすべてに満足している人はいない」って事や「百万円当たった時の楽しい未来」などの現実や夢を教えてくれたからだと思います。詐欺師ならではの「人の心の隙間に付け入る手腕」っていうのは、つまり「その隙間を埋めてあげるかわりに金品を奪う」ってことなんですね。(だからって詐欺をしても良いってわけではないけれど…あっかんべー

ラストでは夏子が詐欺を働いた相手ではない徹子にまで、その影響が出ていたという流れに感動もしました。そしてその徹子を支えていたみゆきの手紙にも…ポロリ

何十年にも及ぶ夏子、徹子、みゆき、荻原、坂口たちの人生を飛ばし飛ばしながらも読める構成も大変面白かったです。しかしきっと夏子の所業は徹子に依頼した案件だけではないはずなので、できたら夏子視点の物語も読んでみたいと思いました上向き

私も「人生で楽しかった出来事ベストテン」を考えてみたいと思いますわーい


  ├ 桂望実 -
桂望実 『手の中の天秤』


*あらすじ*
刑務所に送るか送らないかを決めるのは、遺族。
裁判で執行猶予がついた判決が出たときに、被害者や遺族が望めば、加害者の反省具合をチェックし、刑務所に入れるかどうかを決定できる制度「執行猶予被害者・遺族預かり制度」が始まって38年がたっていた。
加害者を刑務所に送る権利を手に入れた時、遺族や被害者はある程度救われるのか。逆に加害者は、「本当の反省」をすることができるのか。架空の司法制度という大胆な設定のもとで、人を憎むこと、許すこととは何かを丹念な筆致で描いていく、感動の長編小説。

*感想*
遺族や被害者が加害者を刑務所に入れるかどうか決定できる制度がこの世の中にあったらどのような社会になっているのだろう? それは被害者や加害者にどの様な試練を与えていくのだろう? とワクワクしながら本書を読み始めました。
…が、期待していたよりもかなり軽い内容だったので、読後は少々欲求不満気味でした泣き顔

私は暗くて重い内容かつ、理性と欲望の狭間で揺れる心理描写が大好きなので、本書のあらすじを読んだ時はすっごく興奮したんですね。これは山田宗樹さんの『百年法』ばりの傑作なのではないかと!!
しかし本書のメインの流れは、30年前にその制度の担当係官として配属された青年・井川が、どの様に仕事に向き合ってきたのかを思い出話として大学の教壇で語るというもだったので、事件のあらましやその関係者たちの心理描写も基本的にかいつまんだものになってしまっていて、どこにも感情移入をできずに終わってしまったんです…ポロリ しかも学生たちの風貌が夏休み明けには変わってるとか、出席している学生の人数が日に日に増えていくとか、そういうの必要だったかな!?

チャランがじつは仕事ができるいい人だったこと、遺族にできることは加害者を憎むことくらいだ、ということはよくわかった物語でしたが、う〜ん私には物足りない作品でした爆弾
被害者も加害者も少年で、少年法を絡めた苦悩をも描くくらいに掘り下げてほしかったな〜。



  ├ 桂望実 -
桂望実 『恋愛検定』

*あらすじ*
あなたの恋愛力はどのくらい?  恋愛において要求されるコミュニケーション力、セルフプレゼンテーション力、洞察力、人間性といったスキルを総合した恋愛力を測るのが「恋愛検定」。
大勢から無作為に抽出された「あなた」の前に、突然「恋愛の神様」が現われ、「あなた」の受検級数が伝えられます。そこから半年間のあいだ、神様は「あなた」の恋愛模様を細かくチェックしていきます。ターゲットは的確か、会話の内容は適切か、客観的に自分のイメージを把握できているか――。 さて、「あなた」の恋愛力は――?
「恋愛検定」に挑む6人の恋愛模様を描いた短篇集。

*感想*
久しく恋愛をしていない独身の方に、是非とも読んで頂きたい小説ですね〜
「恋人といるよりも、同性の友達と遊んでいる方が楽しい」「恋愛している時間がない」「異性と知り合う機会がない」ナドナドの理由から、恋愛をしていない若者が最近増えているそうですからね。

本書は“恋愛の神様”が登場し、6人の男女にそれぞれ「恋愛検定」を受験させる物語になっています。検定級は、四級・三級・二級・準一級・一級・マイスターの6段階。級が低い程に、登場人物達の恋愛に対する姿勢が駄目駄目で笑えました。そして同じ位、「いるいるー!こういう人いるー!」と私が過去に出会った人々を思い出しました。四級受験の恵理子みたいに、男を落とすことばかりに夢中な人。準一級受験の尚みたいに、「男女平等」を当然と考え、女性に対する気配りが出来ない人。一級受験の瑠衣みたいに、タイミングを言い訳にして能動的にならない人。いるよね〜。

巻末には精神科医による心理分析も載っているので、本書を読んで自分に似ている登場人物が現れたら、同時に自身の心理分析も出来ちゃう素敵な1冊になっていますよ
恋をしている人も、していない人も、是非とも「恋愛力」を本書で測ってみてはいかがでしょうか
ちなみに私自身は“マイスター級”にいける気がするのですが…
神様どう思いますか (←天井に向かって問いかけてみました(笑))




  ├ 桂望実 -
桂望実 『平等ゲーム』


*あらすじ*
瀬戸内海に浮かぶユートピア「鷹の島」。この島では島民1600人が全員平等。収入が平等分配され、仕事も抽選によって4年ごとに交代、全ての集団的意思決定は直接投票による多数決で行い、特権階級や格差をもたない仕組みが作られていた。究極の楽園。人々は嫉妬や私欲にかられることなく、何不自由ない豊かな生活を約束されている。まさに『天国』のはずだったが―。



*感想*
「鷹の島」で生まれ育った芦田耕太郎が、日本国内の人々と接点を持つ職務「勧誘係」に就いたことをきっかけに、34年間抱いたことのなかった“達成感”“嫉妬”“悪意”という感情と、島民の本当の姿を知っていくという話。


本当に「平等」という世界は成り立つのか?競争のない世界で成長すると、耕太郎の様な純真無垢な人間が出来上がるのか?など、大変面白く興味深い内容でした。
耕太郎の存在はフィクションだけれども、本の後半に描かれる島民の本性はとても現実味のある、ある意味「人間らしい」展開になっていて良かったと思います。結局人は自分が一番大切だし大好きなのですよね。私腹を肥やそうとする輩は、必ずどこの世界にもいるものなのだろうしね、悲しいことに。。。


平等って大切だと思うけれど、それは「時と場合」によるのかもしれませんね。学歴社会、収入格差、努力が全て報われるわけではないこの世界。しかしそこから自身の「存在価値」を見出せる時もあるのかもしれない。もちろん過剰な「不平等」は諍いの原因になってしまうでしょうが。


社会や人間に対して、強い理想と潔癖さを持っている十代の若者が読んだら、どの様な感想を抱くのか是非とも聞いてみたい一冊でした。


 



  ├ 桂望実 -
桂望実 『女たちの内戦(セルフウォーズ)』

*あらすじ*
【真樹29歳】結婚相手を探して合コンにあけくれるOL
【佳乃34歳】家庭に安住しつつも、やりたい仕事を模索する専業主婦
【めぐみ39歳】望んだわけでもなく出世の道を歩んでしまうキャリアウーマン
【治子45歳】経営するショップの売上不振で、岐路に立たされるバツイチ女性
年齢も立場も異なる、4人の女たちの内なる戦いを描く連作短編集。

*感想*
理想と現実の間をさまよう女性達の葛藤を描いている作品なので、きっと男性の支持は得難いと思いますが、私には同性として同調できる部分が多く面白かったです。

私が一番ののめり込んで読んだ話は『佳乃34歳。家庭に安住しつつも、やりたい仕事を模索する専業主婦』です。私もアルバイトはしているけれど専業主婦みたいものなので、佳乃の気持ちがよく分かりました。何かをやりたいのに、何をやりたいのかが分からない… うんうん、よくわかるわ。
佳乃の同窓会シーンは痛々しかったけれど、他人事として読むと面白かったです。同級生達が今どんな仕事をしているのか?と近状報告をし合っている中、佳乃が「先日、主人と息子とコナンを観に行ったのね」と、同級生達にとっては『どうでもいい話』をしてドン引きされ、あちゃー!ってかんじでね(笑)。佳乃がんばれ!っていうか、専業主婦が悪いんじゃなくて、そういう周りの空気を読めない所が良くないのだぞ佳乃!

1話目の『真樹29歳。結婚相手を探して合コンにあけくれるOL』も数年前の自分を思い出し、面白かったし、私には読み応えのある1冊でした。 

自分探しをしている女性達にお勧めな作品です♪


  ├ 桂望実 -
桂望実 『ボーイズ・ビー boys, be』

*あらすじ* (「BOOK」データベースより引用)
川端隼人12歳、小学六年生。この夏、ママを亡くした。弟がいる。直也6歳。小学一年生。直也はまだママが「死んだ」ということがわかっていない。消防士のパパは夜勤が多い。だから、ぼくが直也の面倒を見なければならない。ぼくには泣いてる暇はない。

園田栄造70歳、靴職人。魂を込めて靴を造る。そのために不要なものはすべて排除する。気安く近づいてくるやつらが大嫌いだ。用事もないのに話しかけてくんな。ガキは特に嫌いだ。わがままで、未熟なくせに姑息で、甘えてみせもする芸達者だ。

じんわりと気持ちがほぐれる泣けないガキと偏屈ジジイの物語。

*感想*
12歳の小学生と70歳の靴職人がお互いにとって足りない物を補い、変わっていく姿がとても微笑ましく心温まりました。
見知らぬ人との接触を避けざるおえなくなってしまった物騒な昨今ですが、やはり「人と接するって大切な事だな」と思いました。特に核家族化が進み、接する機会が激減している年配(祖父母の年代)の方々と。子供は年配の方から知恵を、年配の方は子供からエネルギーを、他にもいろいろ相乗効果があると思うしね。

隼人少年の小学校で起きるとても現実的なエピソード(女子全員からの無視、担任の財布から現金紛失事件など)と、栄造ジジイの偏屈と意地悪振りもどこか現実に居そうな行動に、何度も「こういう事あるある!こういう人いるいる!」と共感しながら笑いました。

久し振りに読後優しい気持ちになった素敵な作品でした。


  ├ 桂望実 -
桂望実 『Lady, GO』

*あらすじ* 
自分のことを好きになれない派遣会社勤務の南玲奈は、お金に困りキャバクラで働く事となる。「かわいくないし、ネクラだし、上手に嘘もつけないし…。」と自身で思っている玲奈はその先どうなってゆくのか…。

*感想*
主人公:玲奈の育った環境(両親が離婚、それぞれが再婚した為に16歳で一人暮らしを余儀なくされる)を考えると、ネガティブ思考な性格にならざる負えない状況だとは理解しつつも、玲奈の思考には激しくイライラさせられました。

大体、「相手がどういう言葉を待っているのかを、察することができない」玲奈は、キャバクラで成功することはできないと私は思うのですが?? 実際はこういう玲奈みたい子も働いているのかなぁ?
玲奈のサクセスストーリとしては、ちょっと玲奈の性格的に無理があると思うし、脇役達(特にスタイリストのオカマ、ケイ)の存在も中途半端だしで、なんだかかなり不完全燃焼な話だと私は思いました。。。。


  ├ 桂望実 -
桂望実 『Run! Run! Run!』

*あらすじ* 
マラソンでオリンピックの金メダルを取ることを目標に日々トレーニングに励む岡崎優。天才ランナーと呼ばれ、高校生までは順調に勝ち進んできた彼だったが、大学に進学後は『仲間』や『家系の秘密』に揺さぶられ、走る事意外での悩みが増えてゆく。“箱根駅伝はただの通過点”としか考えていない優のはずなのに何かが変わり始めるヒューマンスポーツストーリー。

*感想*
「この本は面白いか?」と尋ねられたら「まぁ、普通かな」と、私は答えるでしょう。
しかし「この本は好きか?」と尋ねられたら

『好き!!』

と私は答える作品です。

最近やっと気が付いたのですが、どうやら私はスポーツ関係の物語が好きなようです。
登場人物達のスポーツに向き合う姿勢にまず惹かれます。特に駅伝だと、個人競技の様でチーム競技である難しさが描かれ、「協調性を重視する人」「我が道をゆく人」など、個性が出てきて、ついつい自分ならどういう立場で振舞うか?を当てはめて感情移入しハマるのでしょう。

今回登場の岡崎優くんは、バリバリの「我が道をゆくタイプ」で、しかも「自分中心に世界が動いていると勘違いしている若さ」も持ち合わせ、将来に壮大な夢を描いていた頃の自分を思い出しました。優くんの自尊心が強い所、部員からは嫌われていたけれど、私は好きですヨ。人は自分で運命を切り開いていかないといけないと、私は信じているので彼の生き方はこれで良かったと思いました。彼の出生の秘密については自分の力の及ばない所の問題で残念だったけれどね。

あと、脇役の監督“村木”と、保健師の“水野あさ美”の存在がまた良かったです。
監督の台詞
『気力や根性、そういったものを私は一度だって皆に求めたことはない。求めているのは一つだけ− 勝利です。なぜ私がそこまで勝利にこだわるのか−。それは勝った時の感覚は、忘れられないものだからです。もう一度あの感覚を味わいたいと、練習に打ち込むことになるんです。』

この台詞は少し世間に擦れてしまった大人の私にすごく響きました。そして、私が日々エアロに没頭する理由の原点はここにあるとも思いました。

ただの青春話でなく、シビアな視点から描かれたこの話、私は好きです!


  ├ 桂望実 -
1/2PAGES >>
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
Category
Profile
Archives
Comment
Search
Mobile
qrcode
Sponsored Links