読書が大好きな主婦の読書記録です☆
年間100作品読破を目指して日々読書に明け暮れ、本を通して感じた事や感動を忘れたくないので、記録として綴っています(*^。^*)
雫井脩介 『望み』

 

*あらすじ*

東京のベッドタウンに住み、建築デザインの仕事をしている石川一登と校正者の妻・貴代美。二人は、高一の息子・規士と中三の娘・雅と共に、家族四人平和に暮らしていた。規士が高校生になって初めての夏休み。友人も増え、無断外泊も度々するようになったが、二人は特別な注意を払っていなかった。そんな夏休みが明けた9月のある週末。規士が2日経っても家に帰ってこず、連絡すら途絶えてしまった。心配していた矢先、息子の友人が複数人に殺害されたニュースを見て、二人は胸騒ぎを覚える。行方不明は三人。そのうち犯人だと見られる逃走中の少年は二人。息子は犯人なのか、それとも…。息子の無実を望む一登と、犯人であっても生きていて欲しいと望む貴代美。揺れ動く父と母の思い―。

 

*感想*

高校生の息子が行方不明となり、その息子の仲間と思われる少年が、遺体となって発見された。息子はこの事件に関わっているのだろうか… 関わっているとすれば、どのような形で関わってしまったのだろうか… 少年を殺害した加害者として?もしくは被害者として?

高校生の息子の安否を巡り、揺れ動く家族の心を描いた作品でした。

 

一人の母親として興味のある題材だったのですが、いまいち没頭できない作品でした泣き顔

まず、本書の前半は、誰が主人公なのかが分かり難い書き方で、父親の一登目線で描かれていたのが、気が付いたら妻の貴代美になっていたり、一登の元へ注文住宅の依頼をしに来た夫婦の会話がくどかったり、物語に肉付けのためには必要だったのかもしれませんが、読んでいて疲れましたがく〜

そしてその後に息子の規士が行方不明になってからは、規士が加害者なのか被害者なのか、はたまた全く事件とは関係ない行方不明なのか、全てが憶測で話が進む展開で、もう少し規士が関係しているという証拠を開示しながら話を進めてほしかったと思いました。全く根拠と証拠がないのに「規士が事件に関与している」と言われてもねぇ・・・。「発見された遺体に規士の私物が混入していた。→規士はこの事件に関係している!」とかの演出があっても良かったんじゃないかな。。。

 

と、内容には少々物足りなさを感じたのですが、「はっ!」とする、素敵な文章はいくつかあって心に沁みました。

 

P124 悲しみは事実が確定した時点をピークにして増殖が止まる。それ以上に厄介なのは不安だ。心の中に巣くって、気持ちを千々に乱れさせるものは、悲しみの事実がヴェールで見通せないときに生じる不安である。

P129 二歳半と十六歳を比べるのはおかしいということは承知だが、目を離したのはわずかなつもりでも、子どもは信じられないほど遠くに行ってしまうのだ。

 

物語後半の、規士の生死をめぐり、夫婦が「犯罪者の家族になるくらいなら、規士には被害者になっていてほしい」「たとえ規士が加害者でも、生きていてくれるだけでいい」の論争は涙なくして読めなかったですがポロリ、その辺りも私が望むほどには掘り下げられていなくて、やはりちょっと物足りなかったです。

 

今の時点では感情移入できない作品でしたが、雫井さんがいう通り、我が家にいる幼児も目をほんの少し離しただけで、あっという間に外泊とかする年齢になってしまうのだろうから、少年犯罪が全くの他人事とは思わずに、子どもの変化にすぐに気が付いてあげられる親でいられるように頑張らないといけないなと思います!!るんるん



  ├ 雫井脩介 -
雫井脩介 『仮面同窓会』


*あらすじ*
高校の同窓会で、久しぶりに再会した旧友4人。かつて生徒を囚人扱いしていた教師・樫村の変わらぬ姿を見た彼らは、恨みを晴らそうと仕返しを計画。予定通り、暴行して置き去りにするも、翌日なぜか樫村は暴行現場から2km離れた溜め池で溺死体となって発見された。いったいなぜ?そして、4人のうち誰が彼を殺害したのか?それぞれが疑心暗鬼に陥る中、新たな犠牲者を出した殺人事件が、高校時代の衝撃的な秘密を浮き彫りにさせる。過去と決別できない者たちを巧妙に追い詰めていく悪魔の正体とは?

*感想*
ひぇぇぇぇ〜〜〜びっくり
ぶったまげたよぉぉぉ〜〜〜びっくり
戦慄が走ったよぉぉぉ〜〜〜びっくり

あまりにつまらない作品で唖然
(ストレートすぎてすみません)

でも、本当に残念な作品だったのよ〜がく〜
「これ本当にあの『火の粉』や『検察側の罪人』を書いた雫井さんの作品なの!??」
と疑い聞きたくなる程に本書は私にはイマイチでした…どんっ

本書のあらすじは、主人公(洋輔)とその仲間たちがかつての教師に暴行を加えた後、その教師が誰かによって殺害された。その誰かとは一体“誰”なのか?を探っていくというものなのですが、その「探っていく」という工程が、物証が全然なくて憶測だけで語られるので、かなり上滑りしてしまっていて、読者には全くその恐怖心や仲間同士で繰り広げられる心理戦の緊迫感などが伝わってきませんでしたあせあせ
挙句には、洋輔には二重人格の疑いが出てきて…(←これ私の一番嫌いなパターン撃沈)、結局最後にはその二重人格の謎も解き明かされるのですが、その解き明かされた後からがまた、三流小説感満載の展開でげんなりしました。(兄えもんが拡声器を使って話している姿を想像したらちょっと笑えたけどね…たらーっ

なんかこき下ろす感想文になってしまって本当にすみません汗
雫井作品を今から読もうと思っている方は、本書ではなくて是非とも『検察側の罪人』を読んでください!!本の好みは十人十色だと思いますが、間違いなく本書よりも『検察側〜』の方が面白いとおっしゃる方が多いと思いますよーぴかぴか桜


  ├ 雫井脩介 -
雫井脩介 『検察側の罪人』


*あらすじ*
検事は何を信じ、何を間違えたのか―。
東京地検のベテラン検事・最上毅と同じ刑事部に、教官時代の教え子、沖野啓一郎が配属されてきた。ある日、大田区で老夫婦刺殺事件が起きる。捜査に立ち会った最上は、一人の容疑者の名前に気づいた。すでに時効となった殺人事件の重要参考人と当時目されていた人物だった。男が今回の事件の犯人であるならば、最上は今度こそ法の裁きを受けさせると決意するが、沖野が捜査に疑問を持ちはじめる。

*感想*
『正義とはこんなにいびつで、こんなに訳の分からないものなのか。』
本書は『正義』について考えさせられ、そして胸を痛くさせられた作品でした悲しい 罪人を裁くものは法なのだろう。しかし法に乗っ取り、刑を執行させるのは人である。その経緯から逃れられた罪人の処罰は?そして常に法曹界に身を置く人間の行いは正義なのだろうか?
フィクション小説として楽しむだけでなく、著者から多くの問い掛けを投げかけられ、とてもアツく面白い作品でしたグッド

本書を最大限に楽しむポイントは、最上がとった行動を現実的or非現実的どちらに捉えるかにあるかと思います。普通に考えれば非現実的でしょう。でもね、ここは現実的、もしくは「こういう行動に出る検事もいるのかもしれない」と思って本書を読んでみてください。そうすることによって、より多くの『正義とは?』との著者からの問い掛けが生まれ、そして読み手側を翻弄する穴へと陥れ、本書を楽しめますからぴかぴか

で、結局『正義』って何なんですかね?そして検事とはどうあるべきなのですかね?
その答えは本当に難しいものだろうけれど、お時間ある方は是非とも本書前半の沖野と栗本の討論をもう一度読んでみてほしいな。下記に一部抜粋載せますね

沖野「正義とは何か?法の遂行だよ。法という剣でもって悪人を一刀両断にする。」
栗本「法にそんな切れ味はねえよ。いいとこ刺股だ。いい検事とはサディストであることだ」
沖野「正義は個人的な問題じゃない。社会に広く共有されるべきものだ」
栗本「正義なんてものは、現実には成り立たない。犯罪者を一人しょっぴいた瞬間、逆に正義は崩れる。なぜなら同じようなことをやって、たまたましょっぴかれないやつがいるからだ。」


読後に読むと本当に胸に突き刺さり、そしてジレンマすら感じますね…ポロリ 
最後の松倉の言動は胸糞悪いものだったし、でもいかなる場合も「私刑」は許されないし…
はぁ… 悔しいけれど、やっぱり最上は能力を生かしてこれ以上未解決事件が出ないように検察官としてこれからも仕事に邁進すべきだったのかな…

柚木裕子さんの佐方検事シリーズを読み、検事の仕事内容を少し知ったつもりでいましたが、本書を読んでさらにその仕事の奥深さを知りました。警察署内に帳場が立つと、検事も参上して捜査や犯人を起訴できるかどうかのアドバイスをするなどなど。

胸が痛くなったけれど、本書とっても面白かったですぴかぴか
ボリュームあるから、是非年末年始休みにでも読んでみてね〜桜


  ├ 雫井脩介 -
雫井脩介 『犯罪小説家』


★★★★☆


*あらすじ*
新進作家、待居涼司の出世作『凍て鶴』に映画化の話が持ち上がった。監督に抜擢された人気脚本家の小野川充は『凍て鶴』に並々ならぬ興味を示し、この作品のヒロインには、かつて伝説的な自殺系サイト〔落花の会〕を運営していた木ノ瀬蓮美の影響が見られると、奇抜な持論を展開する。待居の戸惑いをよそに、さらに彼は、そのサイトに残された謎の解明が映画化のために必要だと言い、待居を自分のペースに引き込もうとしていく。そんな小野川に、待居は不気味さを感じ始め―。全篇に充ちた不穏な空気。好奇心と恐怖が交錯する傑作心理サスペンス。


*感想*
いいですねー!私はこういう心理サスペンス物、好きですよヽ(*^^*)ノ


本書は心理サスペンスなので、あからさまな殺人や、人を貶めるエピソードはありません。なので、推理小説が好きな方には「結局何が言いたいの?」「メインストーリーは何所にあるの?」と、もどかしさを感じるかもしれません。


物語の最初は『凍て鶴』という小説の映画化の話がメインだったのに、中盤から後半にかけては執拗な程に、インターネットの自殺系サイトの話に執着してしまう点では、確かに読者に本書のメインストーリーを見失わせてしまったと思います。しかし、小野川充の奇抜な言動は、読者の心情や場合によっては苛立ちを揺さぶることができる程に濃く、大変面白い存在になっていると思いました。友人には決してなりたくないですがね(笑)


同著者作の「火の粉」程には、ストーリーとして読み応えがないのですが、「火の粉」を面白いと感じた方は、本書も楽しめると思いますよ♪



  ├ 雫井脩介 -
雫井脩介 『火の粉』
火の粉


★★★★☆

*あらすじ*
梶間勲は現役裁判官時代に、冤罪だと判断し武内真伍という男に無罪判決を下した。その後梶間は退官し、教授として大学に勤め平凡な暮らしをしていたのだが、思いがけない武内との再会に梶間家の生活は一変する。偶然か、必然か梶間の隣家に引っ越してきた武内。愛嬌ある笑顔、気の利いた贈り物、老人介護の手伝い…武内は溢れんばかりの善意で梶間家の人々の心を掴んでいくのだが、同時に不可解な事件や事故も起こり。。。

*感想*
先日読んだ著者の『虚貌』が大変面白かったので、違う作品も読もうと本書を手に取りました。そしてなんと、これもまた「当たりだ!!」と思える傑作で、今回も徹夜必須作です!! 実際には私は徹夜ができない体質(何故か夜中の12時になるとネジが切れたように眠ってしまいます(^▽^;))なので、徹夜はしてないのですがね(笑)しかし夜中12時直前まで読み、朝目覚めても朝食を取る前に読み、その後も家事を後回しにしてまでも読み耽りました。本書はかなりの力作であり傑作です!

ストーリーは単純なのに、翻弄されます。
梶間勲が無罪判決を下した武内真伍がなぜか梶間家の隣家に引っ越してきて、以来次々と梶間家に起こる不可解な事件と事故… これらの出来事に武内真伍は関係しているのだろうか…? それとも本当にただの偶発的事故なのか… 読み進める程に怪しいと思われる登場人物が現れ、そして読者を翻弄させてゆきます。
私は読中に何度もこの台詞を思い出しました
「真実はひとつ!!」
名探偵コナンくんのキメ台詞です(笑)
本当に真実はひとつのはずなのに、なかなか見えてこない真実。。結末が気にならないはずがありません!

雫井脩介というと、「クローズド・ノート」が有名かと思いますが、じつは私は「クローズド・ノート」を途中挫折し、読了できてないのです。あの頃正直「面白くない作家だなー」と思ったのですが、その他の「犯人に告ぐ」「虚貌」「火の粉」は本当に面白かったので、私と同じ様に「クローズド・ノート」でがっかりした方にも、著者のこれら長編ミステリーは是非読んで頂きたいと思いましたぴかぴか


  ├ 雫井脩介 -
雫井脩介 『虚貌』
虚貌


★★★★☆

*あらすじ*(「BOOK」データベースより引用)
二十一年前、岐阜県美濃加茂地方で、運送会社を経営する一家が襲われた。社長夫妻は惨殺され、長女は半身不随、長男は大火傷を負う。間もなく、解雇されていた従業員三人が逮捕され、事件はそれで終わったかに見えたが…。
恐るべきリーダビリティーを備え、ミステリー小説界を大いに賑わせた、怪作にして傑作。

*感想*
久し振りに「当たりだ!!」と思える傑作に出会いました。今から読まれる方は徹夜必須作ですので覚悟ください(笑)

話の構成は私の大好きな『複数の登場人物が最初バラバラに登場し、そして段々と話が交錯してゆく』というものなのですが、それぞれの人物描写と要所要所での見せ場の盛り上げが素晴らしいです。
まず第一章で男4人による一家惨殺が行われるのですが、その残虐性と臨場感溢れる文章に「怖い」「気持ち悪い」と思いつつも引き込まれ、あっという間に一章を読み終えてしまいます。そしてそれからはもうページをめくる手がとまりません。

ただ、最後のトリックはちょっと腑に落ちない点があり、さらに「ええ!?? 結局どういう事だ!?」とすぐには理解できない結末でした。
でも面白かったです。結末が分かり難くとも、それをカバーする面白さが過程にありました。

そして「顔貌」というのが、この話のキーワードになってくると思うのですが、顔にコンプレックスを持つ登場人物達をカウンセリングするカウンセラーの言葉は重かったです。
「顔などというのは実のところ全て仮面だ。顔は心とは切り離されたところに存在している、そして“笑顔に勝る仮面はない”のだ」
本書を読み終えた後に、このカウンセラーの熱い言葉の真意をやっと理解できました。
この面白さは是非沢山の人に味わってもらいたいですヽ(*^^*)ノ


  ├ 雫井脩介 -
雫井脩介 『犯人に告ぐ』



★★★★☆

*あらすじ*
神奈川県川崎市で5歳〜7歳の男児が殺害されるという連続幼児殺害事件が発生した。同一犯による犯行と警察は目星を付けるものの、努力の甲斐なく捜査は暗礁に乗り上げ始める。そこで捜査の指揮官に抜擢されたのが巻島史彦だった。巻島は風貌も警察組織の中では異彩ながら、今回の幼児殺人事件の捜査方法でも『劇場型捜査』というテレビ番組を通して直接犯人にメッセージを発信するというひときわ異彩を放つ捜査を開始する。『劇場型捜査』の舞台に犯人は登場し、無事に物語は幕を下ろせるのか…?

*感想*
テレビ番組に現役捜査官が生出演し、犯人に電波を通してメッセージを発信するとは初めて読む設定で、「なるほど、こんな手があったか!」と大変面白かったです。テレビ番組内の巻島と司会者とコメンテーターである元刑事の緊張感漂う番組内容は、日々見ているニュース番組とオーバーラップして読み進め、本当にそういう報道をされているかのような臨場感を感じました。

テレビ番組を通しての犯人への問いかけ、そしてそれに答える犯人からの手紙のやりとりには、かなりドキドキさせられましたが、私が本当にストーリーの最高潮を感じたのは、捜査本部の極秘情報を某テレビ局に流す幹部刑事の裏切り行動を嵌める作戦を実行した時です。内部に裏切り者がいるというのは、時々見かける設定ですが、本書程にその裏切りを気持ちよく反撃する作品は読んだことがありません。この伏線は本当に良く出来ていて最高でした!

ちょっとした脇役達も活躍していて良かったです。その中で私が「名脇役賞」を選ぶなら、やはり津田長でしょう!こんなギスギスした犯人逮捕劇の中、唯一冷静で大人とも思える津田長の存在は本書を一歩深いドラマにしてくれていたと思います。
「叩けば誰でも痛いんですよ… 痛そうじゃないから痛くないんだろうと思ったら大間違いだ… それは単にその人が我慢しているだけですから」
津田長のこの言葉、私も肝に命じました。

見事なストーリー展開でグイグイと話にのめり込む事ができる本書、おすすめです♪


  ├ 雫井脩介 -
1/1PAGES
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
Category
Profile
Archives
Comment
Search
Mobile
qrcode
Sponsored Links