読書が大好きな主婦の読書記録です☆
年間100作品読破を目指して日々読書に明け暮れ、本を通して感じた事や感動を忘れたくないので、記録として綴っています(*^。^*)
垣根涼介 『月は怒らない』

*あらすじ*
梶原33歳:仕事は多重債務者の借財の整理。謄本の代理人申請のために訪れた市役所の戸籍係の女を一目見た瞬間、声を失った。
弘樹20歳:バーで女がチンピラに絡まれて目の前で転んだ。助け起こした瞬間、女の顔に釘付けになった。
和田34歳:勤務先の交番の前の市役所に自転車で通う女。既婚者のくせに俺はいつもその女を探している――。
化粧もしない。服も地味。美人でもないその女・恭子に3人の男たちは、どうしようもなく魅かれていく。一方恭子は男たちの求愛を受け、3人と付き合い始める。接点のない3人だが、それぞれに思う、恭子は不思議な女だ。決してモノを欲しがらない。故郷や家族のことは話さない。会っている時間以外のことは未知。でも魅かれる。理由は何だ、いったいこの女の過去には何があるのか……。3人の男たちの視点を通して、恭子という謎の女の正体が焙り出されていく。人と人との繋がりの意味を問う著者渾身の挑戦作

*感想*
どこか腑に落ちない、読後に不完全燃焼感漂う作品でした…。 疾走感溢れる「ワイルド・ソウル」や「ヒート・アイランド」を読んで著者のファンになった方はあまり期待しない方が良いかもしれません。

3人の男性(梶原・弘樹・和田)と1人の女性(恭子)の付き合いを通して、人と人の繋がりとは何なのか?ということを問いかけてくる本書。主に男性陣3人の視点でストーリーが展開し、人との繋がりについての“解釈”も彼らによって綴られていくのですが、その“解釈”が人物によっての書き分けが上手くできていなく、話に入り込めませんでした 梶原・弘樹・和田、3人ともそれぞれの思いと思考があったみたいですが、結局全て「著者に言わされた」様に私は感じました。さらに後半に登場してくるオオキドさんとのやり取りは、ネチっこくていい加減眠気を感じたわ…

本書の帯に書かれていた通り、本書は著者にとって「新境地」だったと思います。こういう作風を好きな方もいるでしょうが、私はもっとエンタメにばく進している話の方が好きだったなぁ。。。例えば恭子が本物の性悪女だったとか、男3人でもっと激しい抗争が起こるとかね。今回は少々落ち着いた作風だっただけに梶原の下品な物言いが目に付きました。こういう著者の文章のクセってやはりどこかに出るものですね



  ├ 垣根涼介 comments(4)
垣根涼介 『サウダージ』


★★★☆☆

*あらすじ*
「ヒートアイランド」から1年後。アキは正式に柿沢と桃井の仲間として、プロの強盗になることになった。プロの強盗としての訓練を受ける中、アキは一人の女性と出会い親密な関係になっていく。しかしアキには隠さなければならない裏の顔があり、二人の心はすれ違っていく…。
同じ頃、日系ブラジル人の耕一はDDというコロンビアから出稼ぎに日本に来ている女性の虜になっていた。耕一はDDとコロンビアに渡るために大金を強奪する計画をアキたちのチームに持ちかけるのだが。。。

*感想*
「ワイルド・ソウル」「ヒートアイランド」の続編でした。この2作品はどちらも傑作で、それらのコアになっている部分を「サウダージ」に引き続き持ってきたって具合です。しかし今回は今までの「移民問題」「暴力」「金」「車」にプラスして、「恋愛」が濃く盛り込まれ、良し悪しはともかく、前作とは一味違った話で良かったと思います。

相変わらず、暴力と性の描写が生々しくグロテスクで、嫌悪感を抱きました撃沈 DDが金の為に嫌っている男に犯されるシーンや、その復讐で耕一がその男を殺害するシーン辺りは、本当に吐き気がしました。しかし、これが垣根スタイルだと今は理解しているので、もっと総体的に本書を楽しもうと、細かい箇所は割り切って読み進めました。実際に、全体的な話のテンポや展開はとても面白かったと思います。前作の期待感から、話の後半では必ず大金強奪のプランが持ち上がるだろうという楽しみと、その期待を裏切らない大きな山場を迎え、さらにDDの予測不可能な行動。失速するところがありませんでした。

登場人物達も繋がっているし、まだ「ワイルド・ソウル」と「ヒートアイランド」を読んでない方は、こちらから読むのがおすすめですキスマーク


  ├ 垣根涼介 -
垣根涼介 『午前三時のルースター』


★★★☆☆

*あらすじ*(「BOOK」データベースより引用)
旅行代理店に勤務する長瀬は、得意先の中西社長に孫の慎一郎のベトナム行きに付き添ってほしいという依頼を受ける。慎一郎の本当の目的は、家族に内緒で、失踪した父親の消息を尋ねることだった。現地の娼婦・メイや運転手・ビエンと共に父親を探す一行を何者かが妨害する…最後に辿りついた切ない真実とは。サントリーミステリー大賞受賞作。

*感想*
今回も熱いハードボイルド作品でした! そしてデビュー作とは思えない完成度の高さだったと思います。主役と行動を共にするメンバーに、ベトナム人の男女(ビエン&メイ)が入っている所が、なんとなく豪華なメンツに思えて良かったと思いました。ただ、本書に登場するベトナム人と、私がかつて出会って知っているベトナム人の雰囲気が違い、違和感を感じた所が少々…。国民性という枠で括ってしまうのはナンセンスだろうけれど、ビエンとメイの言動と感性がやはり日本人っぽい気がしてしまい、ベトナムを舞台としているストーリーだということを忘れてしまう時もありました。

その他にも、普通のトラベルエージェントに勤める主人公が一般人離れしたアクションの修羅場を切り抜けてゆくところに非現実感を感じたりと、少々ツッコミたいところはあったけれど、そういう細かい所を気にしなければ、ハラハラドキドキのストーリー展開を楽しめ、良い作品だったと思います。
是非この作家の作品は読破したいと思います♪


  ├ 垣根涼介 -
垣根涼介 『ヒート・アイランド』



★★★★☆

*あらすじ*
渋谷でファイトパーティーを開き、ストリートギャング達を統括するグループ“雅”。 “雅”の頭であるアキは、突如仲間が持ち帰ってきた大金を見て驚愕する。それはヤクザが経営する非合法カジノから、裏金強奪のプロフェッショナルの男たちが強奪した金だった。

裏金強奪のプロ達は、大金を奪い戻そうとアキを捜し
やくざ達は、カジノを襲撃した犯人と大金の行方を捜し
そしてアキは、「この大金を狙っている誰か」を捜し

やがてこの3つの線が交わってゆく。
最後に大金を手にする者は一体誰なのか?

*感想*
ケンカ・バイク・車・ギャンブル、そして登場人物は皆男性。ということで『男くさい』作品でした。
しかし!!これが女性の私にもすっご〜〜〜く面白かったんですd(≧▽≦*)!!
登場人物のキャラクター設定とストーリーがしっかりまとまっていて、いろいろな登場人物の視点から描いた文章で場面が交錯する時にも、一切の矛盾と破綻がなく読んでいて楽しかったし、爽快感がありました。

渋谷のストリートギャングが登場するとあらすじで知った時に「ガキっぽい」「安っぽい」イメージが浮かんだのだけれど、アキとその相棒“カオル”が理性的な役柄だったおかげで、すんなりとストーリーに没頭できて良かったです。渋谷で“雅”が開いているファイトパーティーの設定も斬新だったと思うし、大金と運が悪ければ命までも奪われる危険のあるやくざたちとの攻防は、頭脳戦・心理戦・銃撃戦ともつれ込み終盤になるにつれてヒートアップし、読んでいてハラハラドキドキしっぱなしでした。
そんな熱い話の結末は、きっと誰もが納得の内容だったのではないでしょうか。面白かったわー。


  ├ 垣根涼介 -
垣根涼介 『ワイルド・ソウル』


★★★★★

*あらすじ*(「BOOK」データベースより引用)
1961年、衛藤一家はアマゾンの大地に降り立った。夢の楽園と信じて疑わなかったブラジルへの移住―しかし、それは想像を絶する地獄の始まりだった。逃げ出す場もないジャングルで獣に等しい生活を強いられ、ある者は病に息絶え、ある者は逃散して野垂れ死に…。それがすべて日本政府の愚政―戦後の食糧難を回避する“棄民政策”によるものだと知った時、すでに衛藤の人生は閉ざされていた。それから四十数年後―日本国への報復を胸に、3人の男が東京にいた。未開の入植地で生を受けたケイと松尾、衛藤同様にブラジルを彷徨った山本。報道記者の貴子をも巻き込んだ用意周到な計画の下、覚醒した怒りは300発の弾丸と化し、政府を追いつめようとするが…。それぞれの過去にケリをつけ、嵌められた枠組みを打破するために、颯爽と走り出した男女の姿を圧倒的なスケールと筆致で描く傑作長篇小説。
大藪春彦賞、吉川英治文学新人賞、日本推理作家協会賞のトリプル受賞作品。

*感想*
皆さんは日本の移民史は「棄民史」、「ぺてん史」とも言われてきた事をご存知でしたでしょうか?戦後の高い失業率と極度の食料不足の最中に、悪条件の地へと移民として送られた日本人達が強いられた酷い生活と犠牲の数々。移民希望者を募る際に日本政府や関係機関から国民へと与えた欺瞞ともいえる内容と、その後移民者から寄せられた不満と怒りを徹底して隠蔽した国の対応。元玉川大学教授で移民研究家の第一人者である若槻泰雄氏は、「自国民をこのような(悪)条件の下に移住させた国の政府というものは、世界の如何なる国の政府よりも無知にして非情な政府である」と言い切っています。
恥ずかしながら、私は移民史にここまで酷い事実があったとは知りませんでした。

本書は、ノンフィクションである“国の無責任な移民政策による被害者たちの怨恨”という難しいテーマを、“被害者達による国への報復”というフィクションでまとめ上げた深みのある作品になっています。
長編小説になりますが、著者の繊細な文章と展開の巧みさには一寸のぬかりもなく、読者を決して飽きさせません。命の重みを知っている被害者達ならではの報復の仕方や、重いテーマだからこそ主人公に選ばれたのであろう明るく軽薄な男、ケイ。
登場人物達の熱い『ワイルド・ソウル』を感じたのはもちろん、著者が本作品へかけた『ワイルド・ソウル』もひしひしと感じた渾身の作品でした。これはとにかくお勧めの作品です!!

〜追伸〜
本書を読み終えた後、いろいろ移民について調べてみたのですが、2004年の9月に小泉総理(当時)はブラジルのサンパウロ市内にある日本人開拓者の苦労をしのぶために建立された「開拓先没者慰霊碑」に献花を行い、ブラジル日本文化協会での挨拶では「言葉も気候も違う中で、どれだけ苦労されたか。」と日系人の聴衆約1200人を前に涙ながらに述べたそうです。
この小泉総理の涙は、100年前の移民政策に対して政治家からの立場としての謝罪と反省だと私は理解し、移民問題や年金問題の様に国が国民を騙すような政治が根絶することを心から願います。


  ├ 垣根涼介 -
垣根涼介 『君たちに明日はない』
君たちに明日はない


★★☆☆☆

*あらすじ* (出版社 / 著者からの内容紹介引用)
リストラを専門に請け負う会社に勤めている真介の仕事は、クビ切りの面接官。昨日はメーカー、今日は銀行、女の子に泣かれ、中年男には殴られる。はっきり言ってエグイ仕事だ。それでもやりがいはあるし、心も身体も相性バッチリの恋人もいる。そして明日は……? 笑って唸って泣かされる、恋と仕事の傑作エンタテインメント!

*感想*
自主早期退社を促される会社員 vs 自主早期退社話を差し向けるリストラ専門員
そのやりとりはなかなか興味深いものでした。やはり日本人は『情』というものに最後は訴えかけようとするんだよね、「僕は今までこの会社のためにこんなに頑張ってきたんだぞー だからリストラだけは勘弁してくれ・・・」と。しかしそれを理論的・数値的に切り替えすリストラ専門員。大変な仕事だよね、人の人生を大きく変える仕事なんだっもの。。。しかも、リストラをされた人々から『反感』も買うだろうに。 夜道を一人で歩けなくなる職業だよ。。。
しかし私はお気楽OLなので余り感情移入や共感ができなかったな。私は常日頃「私が例え過労で死んでも、会社は何もしてくれない」と思って、適当に割り切りながら仕事をしているのでね。男性だったらここまでは割り切って仕事できないのかもしれないけれど、精神誠意会社に尽くしてもこういうリストラが普通に起きてしまう世の中って事を働きすぎな人には思い出させてくれる良い作品だったかも。
ちなみにちょっと恋愛も絡んできます。しかし、その恋愛模様は不完全燃焼!ってかんじで私にはイマイチでした。これならいっそ恋愛のエピソードなナシ位の方がスッキリしてた気がします。


  ├ 垣根涼介 -
1/1PAGES
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
Category
Profile
Archives
Comment
Search
Mobile
qrcode
Sponsored Links